2013年05月18日

ミヒャエル・ハネケの『愛』。


『猫と生きる。』猫沢エミ・著 2012 年5月13日に発売となりました。この本を書いた想いについてはこちらをクリック♡


Amour.JPG



この日私は、パリへ向う飛行機の中にいた。スーツケースに荷物を詰めるたびに「パリへは何回目になるのだろう?数えておけばよかった。」と思う。けれど、CDGのパスポートコントロールの係官は日本人のパスポートにスタンプを押さないことも多いし、過去のチケットは捨ててしまったものもある。過去を丁寧にコレクションする性格ではないから、結果何回渡航しているのだか、はっきりはわからなくなってしまった。“わからなくなった”ことにがっかりはしていない。猫や恋人や子供達に、生まれてから何回キスをしたのか数えていられないようなものだと思っている。それは数えてなくていい幸せだ。


数えなくていい幸せのために、あまり得意とはいえない飛行機に乗り込む。機内での楽しみは、アペリティフのシャンパンと食事と映画につきる。12時間のフライトをほぼカヴァーできてしまう本数を毎回みるのだけど、2012年のカンヌ映画祭でパルム・ドールをとったオーストリアの巨匠ミヒャエル・ハネケの『AMOUR-愛』にショックを受けて言葉を失った。長く連れ添った老齢の音楽教師カップル、アンとジョルジュはパリ市内の瀟洒なアパルトマンに仲良く暮らしている。ある日、妻のアンが脳溢血を起こし右半身不随になってしまったことから、ジョルジュの在宅による心づくしの介護が始まる。右半身が動かなくなったとはいえ、元ピアニストで知的なアンは凛とした態度を変えることなく、ジョルジュの不安な気持ちを払拭する。しかし、病状が進むにつれ、言葉がでなくなり、粗相をし、介護士に小さな子供のように扱われ、アンの自尊心は人格と共に徐々に崩壊して行くのだった。病院に入れろという周囲の声をはねのけ、アン個人の尊厳を守り続けようと必死に介護するジョルジュだったが、彼もまた知らないうちに死の淵に立ち、アンとふたり、手をつないで暗闇の中を眺めてしまうのだった。


どこの国でも大きな問題になっている高齢化社会に伴う介護について。しかし、ハネケが描きたかったのは問題定義としての介護ではなく、ただ純粋に「愛を持ってして長く連れ添った恋人たちが老い、互いを見送ることの痛みに満ちた哀しさと美しさ。」だったのではないか?と思う。この映画はとても美しい。生々しい問題を正面から取り上げているにも関わらず、おだやかで一定の速度に保たれた時間が流れている。映画のほとんどのシーンが、アンとジョルジュのアパルトマンの室内だけなのに、物語の展開に飽きるどころか、観る人はこの部屋に自らの心を住まわせてしまう。キッチンの片隅にも、サロンの壁にも、至る所にアンとジョルジュ、ふたりが作り上げて来た歴史がインテリアの一部として飾られ、その手触り、匂いに懐かしさすら覚える。そして、映画史に残るであろう驚愕の結末。この驚愕はアクションの大きさを表すものではない。ただひたすらに静かで、深く、暗く、哀しい。


何が映画で何が映画でないのか?という命題は、いつでも論じられるところだろうけど、私が思う「映画」とは、このハネケの「愛」や、タル・ベーラの「倫敦から来た男」を指す。人間とその心を映し出す。見えないものを見える形にするのがシネアストの仕事。そうゆう意味で、ハネケは言わずもがな巨匠と呼ぶにふさわしい正真正銘の映画監督だと思う。






posted by 猫沢エミ at 23:14| パリ ☀| ヨーロッパ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。