2014年01月31日

恐ろしいけれど知らなくてはいけないこと



今朝からごはんも喉を通らないのでブログを書く。今、私は人間としての罪深さや使命感を感じて激しく動揺している。きっかけはパリ在住のミュージシャン友達、マイア・バルーちゃんのFBに上げられた中国における熊の胆汁採取の恐ろしい実体リポートと、それを止めさせる情報拡散および署名についてだった。


昨年5月に出版した『猫と生きる。』のフランス取材時にも、それにからんだヨーロッパにおける様々な動物虐待の事実を知り、戦慄した。コーディネーターをつとめた普段はファッション業界で働いている友人が教えてくれた事実も多かった。「私はこうゆう世界で働いていて、自分が流通させている物に対して責任があると思うからさ、毛皮がどんな風に採取されているのかを恐ろしいけれど、調べていろいろ見てみたら本当に残酷すぎて気が遠くなった。それでも見なくてはいけないと思って。」そう話した友人が見たものとは、フォックスの毛皮を美しいままに採取するため、時たま棍棒で頭を殴って気絶させながらきつねの生皮を生きたまま剥ぐという恐ろしい映像だった。毛皮と一口に言っても、まだ人道的な方法で殺されて剥がれるものもあるという。しかし、そもそも毛皮は必要なのか?イギリスのデザイナー、ステラ・マッカートニーが言った「着るものは他にもいくらだってある。毛皮を着なければいけない理由はどこにもない。」という言葉が脳裏を離れない。その通りだ。イヌイットがアザラシを食糧として採取し、極寒の地で二次利用する文化的、気候的な理由ならば納得がいく。けれど、暖房設備が整った私たちの世界で、おしゃれだから、ゴージャズに見えるからという安易な理由で流通する毛皮は、ただ死体の一部でしかない。そんなものを身につけて人格が上がると勘違いすることが、果たして本当にファッションなのか?文化と片付けられるのか?


パリの7区に『デイロール』という老舗剥製店がある。狩猟文化のあるヨーロッパにおいて、裕福層を中心に栄えてきたお店だ。ここへ、私が編集長を務めるBONZOUR JAPONの取材で入ったことがある。何よりもまず最初に、デイロールの担当者へ投げかけた質問は「これらの動物をどう確保しているのか?」だった。返って来た答えは、「事故や病気、なんらかの理由で自然死した動物のみを学術的な理由で剥製にしている。」というもので、ほっと安心した。それならば、彼等を美しく素晴らしい技術で蘇らせ、第二の命を与えることは意義があると思えたからだ。フランスの動物園、その他動物がからんだ私的および公共団体にはとても強い動物保護活動の信念が伺える。それは、先にも書いたヨーロッパにおける楽しみだけの狩猟文化と毛皮の採取という黒歴史に対する、償いと弔いがあるのだと思う。

近年盛んなシルクドソレイユなどの動物を使わない人間技のみのサーカス集団も、本来芸など覚える資質をもっていない動物に無理矢理電気ショックを与えて言うことをきかせる伝統的なサーカスの虐待に対し社会批判が巻き起こり、衰退してゆく現状の中で見出した新しい活路だと言っていい。サーカスで心も身体も破壊された動物を引き取って、終生面倒を見るフランスにおける創立最古の動物保護団体『フォンダシオン・アシスタンス・オザニモー』の取材時には、その一貫した活動に深い感動を覚えた。方や芸術的な馬芸で見せるジンガロなどは、もともと仕事をする馬の資質をそのまま芸術の域まで高めたものといえる。なんでもかんでも一緒くたにして批判するのは逆に危険だから、『動物本来の姿、資質はなんであるのか』を忘れずに、なくすべきものを知る必要がある。


とにかく、動物実験を行わねば作れない化粧品など私はそもそも使いたくないし、動物に限らず、迫害、拷問といった類いのものを激しく嫌悪している。そして、見てしまった中国における熊の胆汁採取の恐ろしい実体。長期間の苦しみ、残虐さは毛皮採取の非ではないと判断する。なぜこんなことが出来るのか?こんなことをして、精神を病まずに日常が送れるのか?人間の中には悪魔が同時に住んでいると思わざるを得ない。それは、第二次世界大戦下のナチスによるユダヤ人迫害をどうしても思い出させてしまう。ガス室で大量の人間を殺したという事実以外の恐ろしい人体実験について。(ナチスのみに限らず、日本でも第二次世界大戦下陸軍に存在した、恐ろしい“731部隊”がある。)人間を狂わせるのは教育のなさと、こうした戦時下によく見られる集団心理だ。そう、人間は教育されなければなんのルールも持てない最悪の生き物であり、一旦教育されたものでも、大きな思想に取り込まれればあっという間に同化する弱い生き物でもある。それは、他ならぬ自分もそうなのだという自覚が私の中にはいつもある。他人事ではない。どこかに暮らす頭の悪い、魂の腐ったやつがやらかした所業ではなくて、自分が人間である以上、自分にもその可能性がまったくないとは言いきれない。だから、こうした恐ろしい事実に出くわすたび、私はまるで自分がそれに加担してしまったかのような罪の意識を感じる。そして、動物に対して人間の同朋がしている罪を阻止しようと真剣に考えるのだ。


見るのは辛い画像とルポルタージュではあると思う。全部読めとは言わない。けれど、どうしてもこの事実を知って欲しい。そして、このことに憤りを感じたら署名をして欲しい。署名は英文フォーマットだけど、とても簡単で誰にでも出来るものです。どうか、どうか、ひとりでも多くの方に署名して頂きたい。
今、これを書きながら深々と頭を下げてお願いしています。

●中国における熊の胆汁採取の実体と反対署名
http://ameblo.jp/happycat-satuki/entry-11760967959.html






posted by 猫沢エミ at 15:14| パリ 🌁| なんてことない日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。