2010年07月25日

締め切りをささえる、食べ物たち。

100725-1.JPG


100725-2.JPG


100725-3.JPG




思わぬ夏風邪は、早めのパブロン♪のおかげか、だいぶ良くなって、今日はまともに動けそうな感じ。おとといから我が家に泊まっているOの仕事仲間、ロンドン在住のたけちゃんが、本日イギリスへ帰ると言うので、お昼は築地の立ち食い寿司に出かける。こうゆう病み上がりに暴食は禁物だわ…と、旬のしまあじや漬けまぐろなどをかなり控えめに食べた。それにしても、ずいぶんと生魚が食べられるようになったものだなあ!このお店の大将で寿司職人の伊藤さんが、寿司が苦手なのに寿司屋にやってきた不届きな客を面倒がりもせず、あれこれ食べ方を教えてくれたのだ。その結果、前と比べれば格段に生魚のおいしさがわかるようになったのだ。山育ちの私は子供の頃から、食卓にお刺身が上れば、自分のぶんだけ取り分けて、にんにくとしょうが醤油につけ込んで、バター焼きにしていたほど生魚に興味がなかった。大人になって、獲れたての魚が味わえる漁村などに自力で行けるようになってからは、魚のおいしさを目の当たりにしはしたけれど、やっぱり火を通したもの、そして海藻と甲殻類以外のものは圧倒的に陸の食べ物が好きなのは今も変わらない。食の好みって不思議だ。

ところで、今日の朝、Oの母より野菜がどかんと届いた。「やった!陸の食べ物だ。」と、喜び勇み、旬の野菜で冷たいパスタを作った。今日の材料と作り方はコチラ。

                  ♫

パスタ1人前、塩(茹で用と、味付け用)、ドライバジル(生がいいのだけど、食べ過ぎてただいま育て中。早く育って!)、チェリートマト5、6個、いんげん5、6本、ささみ1本、オリーブオイル(たっぷりめ。大さじ3くらいか)にんにく生すりおろし(生をたくさん食べると胸焼けするので、耳かき1、2杯といったところ)

作り方は至って簡単。トマトを4つに切り、にんにくと塩少々とオリーブオイル、ドライバジルであえておく。(水分が適度に出て、ソースの役割になる)いんげんと小さく切ったささみを茹ですぎないように茹で、水にさらして色止め。(面倒なので同じ鍋でいっぺんに茹でてOK.さやいんげんから入れるのが○)パスタをアルデンテで茹で、氷水で締め、トマトのボウルに麺、いんげん&ささみを入れ、よくあえて完成。野菜に力がないときは、ここに少々の昆布粉末出汁を入れたりするのだけど、今日はいらない。トマトがみずみずしい!いんげんが甘い!だから、味付けは塩のみで十分。足りなかったら後で塩をふるくらいがちょうどいい。あ、引き立ての黒こしょうがあったらそれもぜひ。

たっぷりの野菜を取って、明日の朝デッドの、Bonzour Japon次号締め切り原稿に、いざ突入。8月17日発行予定のN°22は、南仏の知られざるヴァカンス地、セット特集。毎回思うことだが、地方取材の原稿をまとめるのは、フランス語で歴史の試験勉強をしているのに似ている。歴史的建造物の取材をし、集めた資料をひもといてゆくと、辞書にはのっていない宗教用語だの、聞いた事もない牧師さんの名前が出てきて、それをひとつひとつ調べてゆくと、異様に時間がかかる。文献がいくつかあったとすば、大抵、微妙に年代が違っていたり、書いてあることがそもそも違っていたりと、ウラを取るのに苦労する。(案内してくれたフランス現地の観光局へ問い合わせてみても、大抵、そこまではわからない。という返答で終わる。そりゃそうか。)たかが観光記事で、なにもそこまでしなくとも…と、思われる方もいるかもしれない。が、私が嫌なんである。そして、Bonzour Japonでは、そんな適当なことはやりたくないんである。また、その意地こそが、Bonzour Japonの真価を決めていると思うのだ。

そんなわけで、こつこつ…こつこつ…と、音がしそうな作業が続き、疲れ果ててリビングへお茶を入れに行くと、げっ、外が明るい?!今何時??びっくりしたー、まだ夜中の1時だよ。月の明るい夜だったので、てっきり朝が来てしまったのかと、すごく焦る。


それからまた作業。気がつけば朝6時。今度は本当の朝がやってきて、外がだいぶ明るくなってきた。お腹すいた…。冷蔵庫にしまっておいた、数日前のホットケーキ一片をレンジで温めて、これでもかとバター&いちごジャムをのせる。徹夜明けには許される禁断のハイカロリー&血糖値アップ夜朝食。ああ…沁みる。さ、ラストスパート。食べ物たちよ、もう少しだけ私を動かしておくれ。
posted by 猫沢エミ at 00:00| パリ | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする