2010年08月30日

ワンドア・カーと不幸の数値

100830.JPG


我が家の愛車、MINIメイフェア(通称・ミニコ)は、ここ1年ほど助手席のドアが開かず、ワンドア・カーとなっていた。もともとMINIはコンパクトなツードア・カー。本当ならば、4ドアだったらさぞかし人も荷物も乗り降りが楽だろうと思うところなのに、それがワンドア!どうやって使っていたかといえば、後部座席に乗る人も助手席に乗る人も、運転手側のドアひとつから、まるでコントのようにぞろぞろと乗り降りしていたのだ。

ちなみになぜドアが開かなくなったかって?まず最初に、我が家の地下にある立体駐車場に入れる時、助手席側のドアを閉め忘れたままバックし、駐車場の支柱にドアがひっかかってむぎゅうとなり、蝶番が歪んでしまったこと。しかし、この段階まではなんとか開け閉めが可能であった。ところがその後、ミュージシャン仕事で吉祥寺のスタジオへ出かけた折、殺人的な細い通りを左折しきれず、ドアの下にあるモール(ちょっと出っ張っているふちの部分)が電信柱にむぎゅうと押し込まれ、完全に開かなくなってしまった。修理に持ち込んだところ、内蔵系もかなりやられているので完全修理を施すと、中古の新車?を買っちゃった方が安いことがわかり、そのまま放置となってしまっていた。

ところが先日、アイドリングが急に上がらなくなる不具合が生じて、お世話になっている車屋さんへ修理をお願いした際、ついでにモールをむぎゅうともとに戻して、おかしくなっている蝶番もむぎゅむぎゅうとやっていただき、再び開くようになったのだ!この喜び!4ドアカーに乗っている人にはピンとこないだろう。いや、別にこんなへんてこな苦労は知らなくていいに決まってる。決まっているが、人間、当たり前だと思っていたことが滞ると、その当たり前の幸せを実感するものだ。だから、ワンドア期間中、車に乗るたびに「あー…助手席側のドアが開いたら、乗り降りが楽で夢のようだなあ。これ以上のことは何も求めないよ。」とつぶやいていたものだ。ところが、今度は開くのが再び当たり前になってしまえば、「ハッチバックでも観音開きでもいい、後ろが開いたなら、楽器の積み降ろしがどんなにか楽だろう…。」なんて、あっという間に欲深くなるのが人間のいやらしいところ。いっそのこと、運転手側のドアも開かなくなって、窓から乗り降りするノードア・カーまで経験しといたほうがよかったか?

人は、幸せの数値にとても鈍感に出来ている。逆に不幸の数値にはとても敏感だ。たとえば自分が、地位も名誉もいくところまで手に入れたと想像するならば、なんでも買えてなんでもすぐに叶っちゃうのは、すこぶるつまんないだろうと思う。その恵まれすぎた状況下では、よっぽど初心忘るべからずな強い意志がなければ、世界はあっという間に色あせる。そして不幸の数値とは何か?頭の中で、横に一本(縦でもいいや)線をびーっと引いて欲しい。その真ん中がゼロで、右端が幸せ100、左が不幸100の値だとしたら、ゼロを限りなく左端にある不幸の100に近づけることでしか、幸福の値は大きくならないと思う。って、これは昔から私の頭の中にある、幸福&不幸のグラフなんだけどね。そして、本来のゼロの位置からぐぐーっと左に寄せるのは`様々な大変なこと´の体験でしか成し得ないのだと思う。それに負けじとがんばりながらの体験は、マイナスの部分をプラスに変えることができるけれども、逆に、がんばらないで、ただ大変なことを大変だと思って終わってしまう`体験負け(もしくは、体験逃げ)´をしてしまうと、ゼロの位置が右端へずれて、不幸の値が大きくなってしまう。幸福すぎて、己の幸せを見失うパターンも、これに当てはまる気がする。。。

なんてことをですね、夢にまで見たツードア・カー復活したミニコに乗りながら考えて、足下にある幸せに鈍感にならないようにって思った日なのでしたよ。

Photo. 夢にまで見た助手席が開いた〜!(ず、ずいぶん不幸の数値、掘り下げてますね、猫沢さん。。。)


posted by 猫沢エミ at 00:00| パリ | 乗り物(モペット・車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。