2010年10月12日

絶叫定食

101012-2.JPG


101012.JPG



どうにもこうにもブルドック。(古すぎるだろう、それは。)

気力体力ともにあと少しで限界ですコールが鳴り響く本日の体内。あまりに極まって、普段ありえない食欲の低下という事態。へとへとすぎて、料理なんか作るのも面倒だが、Oもいるし、どうせなにかしらは食べるし、いや、こんなときこそきちんと食べるのが、本当に仕事ができる女なのだ。と言ったのは、パリの親友・女社長よちこ。さすが我が親友、いいこと言うなあ…。そうだ、食べるんだ。動物は栄養ドリンクなんか飲まないだろう?動物は食べて治す。これ一番。

そうゆうわけで、先日のライブでファンの方から頂いた青のりをたっぷり入れたお味噌汁(いやもう、これにはまっちゃって。空前の青のりブームです。ファンの方、心からありがとう!)と、ピーマンたっぷりのチンジャオロースーモドキを作ろうと、ふらふら包丁片手にキッチンへ立ったとたん、Oが「あ、俺、急に出かけることになったから。」なにぃ〜?!「なんだっぺした〜、晩ご飯食べるか食べないか、電話しなくちゃだみでしょう〜?!」と、うぬぼれ刑事の父役、西田敏行ばりのネイティブ福島弁で思わず文句が出そうになるも、まあ、そうゆう急な誘いもあらあね、とぐっとこらえたところで、Oが部屋から去る。しかし、ピーマンの頭を落としていたら、ここのところの有象無象のもやもやが一挙に吹き出して、ウアアアアアアアアアアア……と、絶叫。ところが、己の絶叫音がうるさくて「ああもう、うるさいな。」と、新たなブルーに染まる始末。なんなのよ。叫びたかったのはあんた自身でしょうが?!それなのに、声出してる本人がうるさがるって一体。

分裂してるわー…とか思いながら、勢い良くピーマンを炒める。陳健一ばりにフライパンを振る。振って振って振りまくる!そうして出来たのが、今宵の夕餉、絶叫定食なり。さあ、食べろ。ピーマンに含まれるビタミンAとCに抱かれてしまえ。そうして、傷を負った獣のごとく、食って食って、寝ろ。


Photo1. 絶叫青のり&絶叫みそ汁。青のりは福島県、相馬松川浦名産のもの。たぶん、
    私これ、今後も通販で購入すると思うわあ。ほんっと、おいしい!

   2.絶叫チンジャオロースーモドキ。スピード感のある箸さばきでお届けしてます。。。


posted by 猫沢エミ at 00:00| パリ | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。