2011年03月14日

日本が揺れた日〜東日本大地震 四日目

110314-1petit.JPG


110314-2petit.jpg




震災から週末明けの月曜日。

予定通り、朝から打ち合わせに出ようとするも都内の電車はかなりの麻痺状態。TVやインターネットで情報を集めてみると、都心部の電車は本数が少ないものの、かなりがんばって動いている様子。いつもよりもかなり早めに、うちの最寄り駅、半蔵門線・水天宮駅へ到着。ちなみに、東京以外の地域にお住まいの方のためにわかりやすく説明すると、ここは東京の心臓部、皇居近くの大手町まで駅ふたつという位置。駅のすぐ横には、成田空港・羽田空港まで直通で行けるT-Cat という高速バス乗り場がある。

電光掲示板他、ホワイトボードに軒並み不通路線情報が表示され、一抹の不安を覚えて先方に連絡。ひっきりなしにやってくる余震と、今日から始まる輪番停電のことも考慮して、打ち合わせは延期となった。心情としては「動かねば!(被災地のために具体的に今なにもすることができないのならば)せめて働かねば!」という気持ちではある。体も家も無事に助かったのだから、少しでも働いて経済を回さねば、本当にこの国は終わってしまう。それは、地震前の個人レベルの「あー、貧乏。」というものを軽々と越える、遥かに大きな危機感だ。

この時間帯は、いつもならばサラリーマンやOLさんの通勤時間の終盤なのだけど、今日はたくさんの人たちが、足早に丸の内のビジネス街へ向っている印象を受けた。OLさんのファッションに目が行く。ほとんどの人がスニーカーやもしくはかかとの低いフラットシューズを吐いている。地震発生日の11日金曜日、都内の交通網が麻痺して、何時間も歩いて自力で家にたどり着いた人たちが大勢いた。友達は、夕方の6時に都心を出発して、あくる日の深夜1時に家についたという。

ところで、パリでもストライキで何週間も交通機関が麻痺することがよくあるのだけど、パリ市内の場合は、そもそも街自体がとても小さく、東西南北8kmしかないので(山の手線の内側にすっぽり収まってしまう大きさ)はじからはじまで歩くことも可能かもしれない。それに比べ、東京は巨大な都会。歩いて家に帰った人たちはさぞ大変だったろうと思う。ましてや、ヒールのある靴で出勤したOLさんなんて!パリみたいにヴェリブ(市内の至る所にある、誰でも使える公共の自転車ステーション)があったら、ずいぶんと助かっていただろうなと思う。これを機に、日本でもヴェリブのシステムを導入してはどうか?と思う。常々「無人島で使えないものは、所詮便利なものではないのだ。」と思っていたのだけど、今回はそれが実証されてしまった感あり。電気やガソリンなど、エネルギーが必要となるものは、それが一番必要な緊急時、無用の長物となってしまう。最後に信じられるのは、人力、これのみ。そうゆう意味では、ローラーブレードやスケートボードなんかもお遊びじゃなくて、真剣によいのでは?と思う。ちなみに、パリ市民はローラーブレードが上手な人多し。純粋にスポーツや娯楽という面でも人気だけど、ストのとき、これほどコンパクトで役に立つものはないからね。ただし、上手でないと危険だけど(笑)。

今日は快晴の青空。それなのに街の色はどこか陰惨に見える。心がひしゃげているからそう見える、というのは否めないのだけど、それよりも、遊びや華が街の人たちから消えてしまって、緊急態勢下の鬼気迫る`実用性´が全面に押し出されているからなのだろう。

打ち合わせが飛んだので、そのまま店の物資確認などをしてみる。もうすぐトイレットペーパーがなくなる我が家。偶然、地震の前日にOが「あと2個しかないからそろそろ買っとくか。」と言っていた言葉を思い出す。しかし、ない。駅前のマツキヨにも、もう少し離れた薬局にも、ない。昨日、人形町を散策した夕方時にも、すでになかった。そして、自転車のハンドル両脇に5個入りティッシュを散々ぶら下げたマダムたちも。それを見かけたときは「出たー、買い占めマダム。」としか思っていなかったのだけど、被災地でもない東京のこうした人たちがヒステリックに反応して、物資が極端に買いづらくなっている報道を見たとき「しまったー…一言物申しておくべきだった。」と後悔した。もしも、言ったなら「あんた誰よ!何様よ!」と、一悶着になるであろうが、そんなことはどうでもいい。今は、被災地に物資が届かなくなる事態を、個人レベルで少しでも食い止めることが必要。TVの前で泣いているだけなんて、もうこりごりだ。

どこへ行っても必需品がないので、諦めて家に戻り、仕事。ボンズールの編集部とも連絡を取って、今後メディアとしてどう対応してゆくか、次の号が無事に印刷所にまわり、配送されるのかなどを急ぎ確認指示。今週予定されている、他の打ち合わせ日の確認やら、各所への連絡などで一日がばたばたと過ぎる。気力、体力ともかなり疲弊。倒れ込むように入床。


Photo1. 半蔵門線・水天宮駅 9:00すぎ。
    ニュースでは、中央線が改札まで3kmの長蛇の列
    とコールしていたが、ビジネス街に近い都心部は
    逆にガラ空きとか。

   2.コンビニは、この有様。こんな風景、見たことない。





posted by 猫沢エミ at 00:00| パリ ☁| 東日本大地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。