2012年04月17日

悔しいけど、パリにまた惚れる。〜ミッドナイト・イン・パリ


Emi NECOZAWA & Sphinx 1st Album【Pyramidia】
名古屋 LIVE @NAGOYA EUROCOOP HIGASHIYAMA 2012 年4月21日(土)
限定30名様♡チケット、残り少なくなっています。急いで!



ウディ・アレンpetit.jpg



だいたい、あの街を手放しで褒めそやすことには、いつも抵抗がある。いや、自分でもひねているとわかっています。かれこれ10年も住んでいて、今さら嫌いだなんて、いいません。でもね、なんか悔しい。面倒で、トラップが街のあちこちにしかけられていて、いるだけで熱に浮かされたような、恋の最初期みたいな不安定さに揺さぶられる。それが、パリ。不潔だし、不便だし、新しいことなんかあんまりないし、夜中の買い物に苦労するし。だけど、たまらなく良い。この街には、この街にしかない人生が確実にあって、ことに歴代のアーティストたちを強く惹き付けた。

アーネスト・ヘミングウェイ、F・スコット・フィッツジェラルド、ガートルード・スタイン、ピカソetc… ユダヤ系のセルジュ・ゲンスブールは、イギリス娘だったジェーン・バーキンをパリへつなぎ止め、スイス生まれのジャン=リュック・ゴダールは、かわいい北欧のアンナ・カリーナと、数々の名作を生んだ。パリは、外国人を常に引きつけ、また彼らの存在によってより複雑で豊潤な街へと成長を遂げた。


そんなパリに今も恋し、映画作品へと投影する監督は後を経たない。2006年に公開された「パリ・ジュテーム」は、世界各国18人の映画監督による、パリをテーマにしたオムニバス映画で、パリを観光客目線で撮る者、内側から撮る者と、実に様々な視点で立体的なパリの魅力と、そこに暮らす人々の心象風景を見事に切り取った、とてもチャーミングな映画だ。

パリでこの映画が公開されたのは、2006年の6月頃だったと記憶している。あと1ヶ月でパリを去ることがわかっていた私は、左岸のビブリオテークMK2へ、ひとり、この映画を観に出かけたのだった。4年間のパリの想い出と見事にリンクして、見終わったあと、涙がとまらなくてとまらなくて、困り果てた。映画館から外にでると、ラベンダーの夕暮れ空が広がっていて、自分がどれだけこの街に心を預けていたのか、痛いほど思い知った。ホームレスのムッシュに「大丈夫かい?」と声をかけられ、思わず「パリに恋をしていた。」と泣きながら吐露したっけなー。(青春♡)


あのときの甘酸っぱさは、自分でもこっ恥ずかしい想い出なのだけど(そうゆう想い出があるから、余計抵抗するのかもしれない。笑)やっぱり今でも、深夜番組で、パリの風景が音楽と共に流れているのを見たりすると、つーっと涙が溢れてきてしまったりして、「アホか。何年住んでやがるんだ。」と照れ隠しに大げさに呆れてみたりする。だから、特に外でパリへの愛に溢れた映画を観るのは、大泣きの可能性が大なもので、ちょっと避けたい気持ちだったのだけど、不覚にもまたしてやられた。しかも、監督がウディ・アレンなものだから、余計タチが悪い。

ハリウッドで脚本家として売れっ子のギルは、婚約者イネズとその両親と共に、ひょんなことからパリ旅行へやってくる。ギルは昔からパリに恋焦がれていて、結婚を期に、しばらくハリウッドの中身のない脚本の仕事を休み、本当になりたかった仕事−小説家にチャレンジしてみようと思っている。ところが、金持ちの娘で即物的なアメリカンガールのイネズは、そんなギルの気持ちなどおかまいなしで、「彼、頭がイカレたみたい。」と理解のリの字も示さない。ママと一緒に方々でお買い物&偶然パリに来ていた昔のBFポールの薄っぺらなフランス知識ひけらかしにまんまと夢中。ぱっと見も素朴すぎて冴えないギルなのだけど、彼は確実にパリに愛されて、ある夜、彼が敬愛する黄金時代1920年代のパリへとタイムスリップする。そこに居たのは、歴史上の偉人でしかなかったヘミングウェイやコール・ポーター、フィッツジェラルドにガートルード・スタインなど、夢のようなアーティストたちのコミュニティだった!

ここまで読んだ方は、よくある陳腐なファンタジーを想像するかもしれない。それがですね、いいんですよ。本当に、観ている自分が憧れていたヘミングウェイに会ったようなときめきを覚える。ギルとまったく同じ感動を共有することができるのだ。これはもう、ロマンチストでありながら同時に痛烈なリアリストでもあるウディ・アレンの熟しきった手腕と言わねばならない。ここしばらくのアレン作品は、物のよって好きになれない映画も多かった。私が彼の作品群で一番影響を受けたのは、70年代初頭「スリーパー」なんかを撮っていたあの頃である。それからなんだか小難しくなってきて、もやもやする映画も多かったのだけど、キタ!目の覚めるような美作が!しかも、映画の端々に、誰もがうなづく深い哲学がちりばめられている。たとえば、アメリカの薄っぺらな価値観に対してのアンチテーゼ。(これは、戦後の日本にも同じことが言える。)物質主義、権威主義、そうしたつまらないものと、愛や人間性、心の通い合いを最重要とするフランス文化の対比。そして、いつの時代にも襲われる懐古主義へのクエスチョンマーク。どうしても人は、いつも「昔はよかった」と言って過去を振り返るのか?映画を観終わってからも、ずっと考えていた。おそらく、新しいものがいつも一番最良になってしまうと、人も文化もすぐに滅びるからなのでは?と私は考える。昔を尊ぶ時間、そこは新しいものを生むアイディアの宝庫で、しかも、早すぎる発展へ良いブレーキをかける役割をしているのじゃないか?と。個人的な想い出の振り返りにも、そうした効能がある。反芻し、学び、今を正しく見据えるために。

ギルは、お金には困らないけれど、どこか自分に欺瞞を抱えていた今までの行き方を、パリで捨てることになる。そう、パリは余計なものを洗い流し、捨てさせる街でもある。ただし、パリの真の姿を見ようとする者だけに、その恩恵を与える。この街は、ひとつの大きな生命体で、確固たる意思がある。パリがそこに住める者を選び、愛で、試練を与える。そうして、選ばれた者は野生を取り戻して精悍なまなざしになってゆくのだ。ギルは、パリに焦がれ、パリに選ばれた。その目もくらむような愛され方を、上質なファンタジーとして描ききったアレンのパリへの恋心に、全身全霊で包容を贈りたくなる。


そういえば、私はこの映画の中に出て来る偉人、ことにヘミングウェイの作品をまともに読んだことがなかったと気がついた。アメリカ文学といえば、どっぷり読んだのはカート・ヴォネガットとバロウズくらい。ハードボイルド文学の祖と言われる彼も「歴史の偉人」となった途端に、なんだかお行儀のよい向こう側の世界と感じてしまっていた。私は映画の中で、20年代のパリで生きた彼に会ったのだから、ぜひ、もういちどきちんと読みたいと思った。まるで偶然一夜を共にした、魅力的な男の文学作品を手にとるような、そんな身近な感覚で。

●ミッドナイト・イン・パリ

2011年 スペイン=アメリカ合作
監督、脚本/ウディ・アレン 
出演/オーウェン・ウィルソン、マリオン・コティヤール
  キャシー・ベイツ 他

2012年5月26日(土)より、
東京・新宿ピカデリー、Bunkamura ル・シネマ他
大阪・大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ他
全国ロードショー♡








posted by 猫沢エミ at 18:20| パリ | その他の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。