2013年01月05日

美人の基準


“111ème Pramide”=Emi NECOZAWA & Sphinx avec DJ 敷島 a.k.a 安治川親方 @JZ Brat 渋谷2013 年1月11日(金)ご予約・詳細は、こちらをクリック♡


Bonne année 2013.

新年明けましておめでとうございます。昨年ツイてなかった方、哀しいことがあった方は、きっといいことがあると信じてください。そして、昨年はなかなか良かった方には、さらにもっと良いことがありますように。


さて、2012年も怒濤のように駆け抜けた。特に後半は、「マジか?無理だろ。」という量の仕事を形にすべくパリと東京を奔走して、気がつけば年が明け、もう5日になってしまっている。大晦日を含む年越しの数日というのは、普段とは違う時間が流れているかのようだ。大晦日から元旦までは、その年の振り返りとか、新年への思い入れとかで粘度の高い時間が流れるのだが、年を越した途端に、まるでたまねぎを大量に食べた後のサラサラ血液みたいに、あっという間に日が過ぎてゆく。そんな中、映画評を書く仕事のために、パトリス・ルコントの旧作映画を見直す機会があった。その1本が、ヴァネッサ・パラディの“橋の上の娘”だった。彼女が今まで出演した映画の中で、もっとも美しく撮られている作品だと私は個人的に思う。ヴァネッサの顔を正面やら横から見ていて、「美人じゃないなあ。」としみじみ思った。そうなのだ、彼女は決して美人じゃない。あごが大きすぎるし、エラも張っている。よく見ると爬虫類的な強面で、若かりし頃のカトリーヌ・ドヌーヴみたいな正統派の均整のとれた美人にはほど遠い。ドヌーヴを除くフランスの名女優は皆、美人ではない。エマニュエル・べアールもアヒル口すぎるし、ジャンヌ・モローも老け顔で影が深すぎる…etc. しかし、先のヴァネッサも含め、彼女達はとてつもなく魅力的だ。そこには、弱点をも含めた自己観察の果てにある、内面の反射鏡的な美が存在する。そう、彼女たちは一言で言えば「自分をよく知っている」のだ。

ヴァネッサのエラを眺めていて、自分の子供時代を思い出した。田舎の小学生だった私は、同級生からことあるごとに「目がでかすぎて気持ち悪い。顔も小さすぎて宇宙人に似ている。」など、からかいを受けていた。ある日、意を決した私は、母に「整形する!」と宣言した。呆れながら母は言った。「どこをどうしたいのか、お前のプランを聞かせなさい。」えっと、まず目の両脇をつまんで目を小さくする。あごのまわりにプラスチックを入れて、一回り大きな顔の輪郭にする。人形のようにえぐれた鼻にもプラスチックを入れて、すっと鼻筋を通す…。それを聞いた母は、怒りも笑いもせず静かにこう言った。「それは他人に言われたプランでしょう?お母さんが聞きたいのは、あんた自身のプラン。もっとも、自分の美しさにひとつも気がついていない今のお前に、プランなんかないだろうけど。」ものすごくハッとした。そして母はこう付け足した。「もったいない。お前は自分の美に気がつけば、その瞬間から美人になれるのよ。」後半の言葉を完全に理解するのには、それからずいぶん時間が必要で、私は似合わない化粧や服をいくつも買って、鏡の前で首をかしげながら大人になった。


はっきりとした自分の美を見出せないまま、30代の頭でパリに渡った。胸を張って凛と歩く手足の長いパリジェンヌに気圧されて、ますます自分のことを美しいとは思えなくなった。たまにフランス人の男友達に「やあ!今日はきれいだね。」と言われても「いえいえ、私なんか…」と言葉を濁す。表情も明るくない。うまく使えないフランス語に自分自身がイライラして落ち込む。そんな私に彼等は言った。「お前を見ているとむかつくんだよ。せっかく手にしている価値を自分からドブに捨てている。そんなやつは、お前の言う通り美しくもなんともない。」と。ものすごくハッとした。小学生の頃に母に言われた言葉が蘇って「このことか。」そう思った。そうしてやっと顔を上げて、周りを、自分を正面から見始めた。そこには、明らかに美人ではないのに美しく輝いている女性がそこかしこに溢れていた。

その中の最たる人が、パリで友達になったUさんだった。彼女は残念と言っては失礼にあたるけれど、誰が見ても一般的な価値観から大きく外れた不美人で、彼女自身「私がもっと美人だったら、街で差別に遭うんでも、もうちょっとマシだと思うのよね。」と言うほどだったのだ。清潔さも含め、外見でほぼ100%人となりを判断されるフランスでは、彼女の容姿は明らかに不利なものに働いていた。けれど、長いフランス生活で身につけた自然な仕草、ウィンク、笑顔がそれはそれはチャーミングな人だった。その理由はすぐにわかった。彼女は波瀾万丈な人生をものともぜず、すべて自分で決めて、苦しい時も人には惜しみない愛情を注ぐ人だった。

ある日、彼女とゲイの街で知られるマレ地区へ買い物に出かけたところ、カフェの前を通り過ぎるたびに美しいゲイボーイたちに呼び止められ、抱きつかれ、なかなか目的地へたどり着けないという微笑ましい珍事に出くわした。パリのゲイたちはデリケートで気難しい。とくに女性に対してあからさまな敵対心をぶつけてくるし、ものすごく面倒なところがある。けれど、そんなゲイたちが、Uさんを見かけるたびに顔をほころばせ、心を全開にしてコミュニケーションしてくる。パリ生活も長くなった頃の私だったが、そんな風景は今までUさんと一緒にマレに出かけたこの日以外、見た事がない。あまりにも凄いので理由を尋ねてみると「前に付き合っていた人が、フタをあけてみたらゲイだったのよね。それで、ゲイコミュニティと自然に付き合うようになって。彼らは自己防衛しているけれど、本当はすごく繊細で心に傷を抱えている人も多いから、話を聞いているうちに何人かは心配になっちゃって、一時期お母さんがわりみたいにお世話をした人も何人もいるのよ。ごめんね、びっくりしたでしょう?」そう言ってUさんは笑った。“フタを開けてみたらゲイだった”Uさんの前の彼はたいそうなハンサムで、ゲイはゲイなのだけど、人としてUさんを心から愛しているのは傍で見ている私にもよくわかった。一度、これまた美しいとは言い難いUさんのパサついた髪を、愛おしそうな目でブラシする彼の姿を見たことがあった。彼には、Uさんの美しさが正しく理解出来ていたのだと思う。ゲイに抱きしめられて破顔するUさんの表情は、他では見たことがない美しさだった。そして、笑った彼女は、人工的に手を入れて形を整えたどんな顔よりも、お世辞ぬきで美しいのだ。


島国の日本。人それぞれの価値基準が、どうしても統一されがちな気風。そして、本当はいろんなルーツと血が混じり合っているのに、目と髪の色がだいたい黒か濃い茶褐色ゆえ、美の基準が流行と共に画一化しがちな日本。またそれがビジネスの恰好の餌となってしまう日本。けれど、美は人の数だけある。痩せている、太っているという体格の違いも、それだけで美とは直結しない。自分が持って生まれた顔と体格、肌、髪、目の色、その他あらゆる外見情報が、内面で培われた「自分の美しさを知っている」という一本の錦糸で繋がれた人だけが、初めて外に向って光を放つ。その光には、老いすらも太刀打ちできない。いやむしろ、経験を積んで時間を経るほどによりいっそう色合いを深く増す。


2013年、日本の美しい男性、女性、そしてその中間に立つ人たちも、もっと自分にしか持ち合わせない固有の美を見つけられることを願って。ゴット・ブレス・ユー♡






posted by 猫沢エミ at 17:09| パリ ☁| 美容と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。