2010年10月12日

絶叫定食

101012-2.JPG


101012.JPG



どうにもこうにもブルドック。(古すぎるだろう、それは。)

気力体力ともにあと少しで限界ですコールが鳴り響く本日の体内。あまりに極まって、普段ありえない食欲の低下という事態。へとへとすぎて、料理なんか作るのも面倒だが、Oもいるし、どうせなにかしらは食べるし、いや、こんなときこそきちんと食べるのが、本当に仕事ができる女なのだ。と言ったのは、パリの親友・女社長よちこ。さすが我が親友、いいこと言うなあ…。そうだ、食べるんだ。動物は栄養ドリンクなんか飲まないだろう?動物は食べて治す。これ一番。

そうゆうわけで、先日のライブでファンの方から頂いた青のりをたっぷり入れたお味噌汁(いやもう、これにはまっちゃって。空前の青のりブームです。ファンの方、心からありがとう!)と、ピーマンたっぷりのチンジャオロースーモドキを作ろうと、ふらふら包丁片手にキッチンへ立ったとたん、Oが「あ、俺、急に出かけることになったから。」なにぃ〜?!「なんだっぺした〜、晩ご飯食べるか食べないか、電話しなくちゃだみでしょう〜?!」と、うぬぼれ刑事の父役、西田敏行ばりのネイティブ福島弁で思わず文句が出そうになるも、まあ、そうゆう急な誘いもあらあね、とぐっとこらえたところで、Oが部屋から去る。しかし、ピーマンの頭を落としていたら、ここのところの有象無象のもやもやが一挙に吹き出して、ウアアアアアアアアアアア……と、絶叫。ところが、己の絶叫音がうるさくて「ああもう、うるさいな。」と、新たなブルーに染まる始末。なんなのよ。叫びたかったのはあんた自身でしょうが?!それなのに、声出してる本人がうるさがるって一体。

分裂してるわー…とか思いながら、勢い良くピーマンを炒める。陳健一ばりにフライパンを振る。振って振って振りまくる!そうして出来たのが、今宵の夕餉、絶叫定食なり。さあ、食べろ。ピーマンに含まれるビタミンAとCに抱かれてしまえ。そうして、傷を負った獣のごとく、食って食って、寝ろ。


Photo1. 絶叫青のり&絶叫みそ汁。青のりは福島県、相馬松川浦名産のもの。たぶん、
    私これ、今後も通販で購入すると思うわあ。ほんっと、おいしい!

   2.絶叫チンジャオロースーモドキ。スピード感のある箸さばきでお届けしてます。。。


posted by 猫沢エミ at 00:00| パリ | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

この期に及んでも、まだ旨いものを。

101001.JPG


あ“ー。忙しいとはなるべく言いたかないが、今週は本当に、自分との戦いみたいな週だった。そんなわけで、日記もなかなか更新できなくてごめんなさい。いや、ゆうべもね、PCの前に佇んでみたわけなんですよ。仕事が終わってから。しかし、なーんにも出てこないの、言葉が。あー、こんな時が自分にもあるのだなあと思いながら、観念して寝た。

そして明日にライブを控えた今、あ、もう今日か。10月2日真夜中0時半。さっさと寝れば良いものを、この期に及んで、旨いものを食おうって魂胆ですよ。ここのところとっても食べたかった、鶏の白ワイン煮込み。なに、手のこんだ料理なんかじゃありません。鶏ときのこと野菜を、白ワインと自然塩のみでことこと煮ただけのもの。ハーブは、ローリエ、ローズマリー、エストラゴン。私は煮込みにコンソメなんか使いやしません。コンソメは、全部コンソメの味になっちゃうから。大抵素材の味と塩のみ。コショウもなんでもかんでもは使いません。なぜか日本のレシピには、とってつけたように塩・こしょう、なんて書いてあるけれども。でもね、これが旨いんですよ。こうゆう思い切った引き算料理を若い頃には作る事ができなかった。エバラ焼き肉のたれとか多用しちゃったりして。(今でも、エバラ味もときたま懐かしくなりますが。)

そんなわけで、これからワインと共にひとり、真夜中の晩餐です。明日のライブがいいものになるように…。しかし、餓鬼だなあ。自分を一言で表現するなら、まさに、餓鬼。なんでこんなにも食いしん坊なのだろう。ま、いいや。食いしん坊万歳!あは、あはは。。。はー。。。

Photo.こちら、フランスの家庭料理です。なんか、お鍋の中が楽しそうでしょう?
   肉と野菜とハーブが踊ってます。



posted by 猫沢エミ at 00:00| パリ ☁| お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

三途の川の奪衣婆、アジフライを揚げる夜

100904-2.JPG


100904-1.JPG


100904-3.JPG


今年の夏のヒットといえば、なんといっても隅田川沿いの夜の川呑み。このブログでも二度ほどその様子を書いたら「次回はぜひ参加したい!」と友人から希望のメールがいくつも舞い込んだ。最初は、こじまり夜風を楽しむ会だったのだけど、回を増すごとに急激に規模が拡大。加えて、スタッフゆうこりんの父君が、長崎県近海にてご自身の船で釣ったアジを35尾も送ってくださり、「こりゃあ、アジパーティーをするしかないな!」と拍車がかかった。アジといえば、干物、いや、たたきもよい。けれど、一番好きなのはアジフライ!しかも制限なく思う様食べてみたい…そんな超個人的な希望でアジフライパーティーを企画してみたものの、あれよあれよと参加者が集まり、気がつけば、`普通の量のアジフライをみんなで楽しく食べる会´となった。

昼すぎ、Oとホームセンターに行き、パーティーに必要なものをあれこれ買い込み、急いで家に戻ってアジの仕込み。ところが、アジをさばくのが意外と難しく苦戦。「これ、腹開きがいいの?それとも背開き?!」家にあった`魚のさばき方辞典´を見るも、あいにくアジフライ用のさばき方が載ってない!ネットで検索し、かなり無様な姿ではあるが、なんとかさばけるようになり、仕事のスピードも上がってくる。さばくのに必死な私に変わって、Oがタルタルソースを作る。さばいた後、私が粉つけ係、Oがたまごとパン粉つけ係となって、ようやく33尾分(2尾、お釈迦にしました)のアジフライの仕込みが完成。

急いで会場となる川べりに向かうと、もう友人たちがいい感じで盛り上がっていて、今日の会が素敵なものとなる予感がひしひし。皆がだいたい集まったあたりで、いよいよアジ揚げがスタート。しかし、手元の暗い夜の野外で、油を扱う料理は無謀だったか…と思っていたら、参加者のひとり、ナイスガイ・キング(というニックネーム)が、なんとヘッドライトを持ってきてくれて、これ以上ないほど大助かり。おでこに装着したライトでアジの揚げ色を確認しつつ、皆に振る舞う。「こんなにおいしいアジフライ、食べたことない!」と、大好評。開放的な野外で、揚げたてのフライを皆で食べる。おいしいと感じる要素が全部そろっているものね。もちろん、元になっているアジが新鮮でおいしいからというのは、言わずもがななのだけど。

解放。そう、今夜は皆が思い切り解放していた。たくさんのお酒の瓶がどんどん空いて、屋内で呑むのとは違うテンションがあたりを包んでいた。なんだか、隅田川が三途の川に見えてきたよ。さしずめ私は奪衣婆か?その婆が、おでこにヘッドライトをつけて、アジフライ屋台をやっている…なんてシュール!なんて楽しい!

ところでどんな風に皆が解放されたのかというと、今夜の代表的な解放を見せてくれたスノッブ・ミウラくんをご覧ください。(Photo2)「これから渋谷でDJなんですぅ〜。」と千鳥足で去って行った、そのスノッブ・ミウラくんから、残った仲間たちと呑んでいたらメールがやってくる。「今、なぜか中央林間(ミウラくんの乗った、東急田園都市線の終点駅です。笑)。最近で一番てんぱってます!」と写真付きで大爆笑。その後、彼が無事に自分のプレイタイムに間に合ったのかどうかは、未だ謎であります。。。


Photo1. 川べりの優雅なスペースに、テーブルをいくつも並べて。やってることは
    半アウトドアなんだけど、なんだかイタリアの大家族の集いみたいでした。
    ピカーっ!としているのは、キングの愛息子そうちゃんがヘッドライト装着中。

   2.でた!奪衣婆!!こんな感じでアジをこつこつ揚げてました。(Photo.真舘アニー)

   3.はい、こちらがスノッブ・ミウラくん。ああ、いい感じに解放されてますねえ。



posted by 猫沢エミ at 00:00| パリ | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

締め切りをささえる、食べ物たち。

100725-1.JPG


100725-2.JPG


100725-3.JPG




思わぬ夏風邪は、早めのパブロン♪のおかげか、だいぶ良くなって、今日はまともに動けそうな感じ。おとといから我が家に泊まっているOの仕事仲間、ロンドン在住のたけちゃんが、本日イギリスへ帰ると言うので、お昼は築地の立ち食い寿司に出かける。こうゆう病み上がりに暴食は禁物だわ…と、旬のしまあじや漬けまぐろなどをかなり控えめに食べた。それにしても、ずいぶんと生魚が食べられるようになったものだなあ!このお店の大将で寿司職人の伊藤さんが、寿司が苦手なのに寿司屋にやってきた不届きな客を面倒がりもせず、あれこれ食べ方を教えてくれたのだ。その結果、前と比べれば格段に生魚のおいしさがわかるようになったのだ。山育ちの私は子供の頃から、食卓にお刺身が上れば、自分のぶんだけ取り分けて、にんにくとしょうが醤油につけ込んで、バター焼きにしていたほど生魚に興味がなかった。大人になって、獲れたての魚が味わえる漁村などに自力で行けるようになってからは、魚のおいしさを目の当たりにしはしたけれど、やっぱり火を通したもの、そして海藻と甲殻類以外のものは圧倒的に陸の食べ物が好きなのは今も変わらない。食の好みって不思議だ。

ところで、今日の朝、Oの母より野菜がどかんと届いた。「やった!陸の食べ物だ。」と、喜び勇み、旬の野菜で冷たいパスタを作った。今日の材料と作り方はコチラ。

                  ♫

パスタ1人前、塩(茹で用と、味付け用)、ドライバジル(生がいいのだけど、食べ過ぎてただいま育て中。早く育って!)、チェリートマト5、6個、いんげん5、6本、ささみ1本、オリーブオイル(たっぷりめ。大さじ3くらいか)にんにく生すりおろし(生をたくさん食べると胸焼けするので、耳かき1、2杯といったところ)

作り方は至って簡単。トマトを4つに切り、にんにくと塩少々とオリーブオイル、ドライバジルであえておく。(水分が適度に出て、ソースの役割になる)いんげんと小さく切ったささみを茹ですぎないように茹で、水にさらして色止め。(面倒なので同じ鍋でいっぺんに茹でてOK.さやいんげんから入れるのが○)パスタをアルデンテで茹で、氷水で締め、トマトのボウルに麺、いんげん&ささみを入れ、よくあえて完成。野菜に力がないときは、ここに少々の昆布粉末出汁を入れたりするのだけど、今日はいらない。トマトがみずみずしい!いんげんが甘い!だから、味付けは塩のみで十分。足りなかったら後で塩をふるくらいがちょうどいい。あ、引き立ての黒こしょうがあったらそれもぜひ。

たっぷりの野菜を取って、明日の朝デッドの、Bonzour Japon次号締め切り原稿に、いざ突入。8月17日発行予定のN°22は、南仏の知られざるヴァカンス地、セット特集。毎回思うことだが、地方取材の原稿をまとめるのは、フランス語で歴史の試験勉強をしているのに似ている。歴史的建造物の取材をし、集めた資料をひもといてゆくと、辞書にはのっていない宗教用語だの、聞いた事もない牧師さんの名前が出てきて、それをひとつひとつ調べてゆくと、異様に時間がかかる。文献がいくつかあったとすば、大抵、微妙に年代が違っていたり、書いてあることがそもそも違っていたりと、ウラを取るのに苦労する。(案内してくれたフランス現地の観光局へ問い合わせてみても、大抵、そこまではわからない。という返答で終わる。そりゃそうか。)たかが観光記事で、なにもそこまでしなくとも…と、思われる方もいるかもしれない。が、私が嫌なんである。そして、Bonzour Japonでは、そんな適当なことはやりたくないんである。また、その意地こそが、Bonzour Japonの真価を決めていると思うのだ。

そんなわけで、こつこつ…こつこつ…と、音がしそうな作業が続き、疲れ果ててリビングへお茶を入れに行くと、げっ、外が明るい?!今何時??びっくりしたー、まだ夜中の1時だよ。月の明るい夜だったので、てっきり朝が来てしまったのかと、すごく焦る。


それからまた作業。気がつけば朝6時。今度は本当の朝がやってきて、外がだいぶ明るくなってきた。お腹すいた…。冷蔵庫にしまっておいた、数日前のホットケーキ一片をレンジで温めて、これでもかとバター&いちごジャムをのせる。徹夜明けには許される禁断のハイカロリー&血糖値アップ夜朝食。ああ…沁みる。さ、ラストスパート。食べ物たちよ、もう少しだけ私を動かしておくれ。
posted by 猫沢エミ at 00:00| パリ | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする