2011年02月03日

恵方巻を食す。


Quand la femme tient la barre de sa vie N°3−猫沢エミライブ&トーク@TRAUMARIS
2011年2月12日(土)19:00 staet

ー`女が人生の舵を取るとき´トークショーつき、限定50名様限り♡ー



110203petit.jpg



ここ数年、節分の季節になると、コンビニやスーパーなんかでも恵方巻とやらがとてもポピュラーな存在になって売られているのを横目で見ていた。

これが、どこどこ神社の神主さんが自ら巻いたもの、なんていうふれこみだったら、ご利益がありそうで、もっと早くに手を出していたのかもしれない。でもまあ、考えてみれば福を呼び込む行いのほとんどは、その行為自体に何か特別な力があるのではなくて、なんらかの行いによって手足を動かし、福を願う心の自覚を己自身が再確認する、っていうところに力が宿る気がするのだ。

たとえば、私の仕事部屋の本棚の上には、小さな神棚がある。神棚といっても、特別なお社があるわけじゃない。清められた一角に、お正月に求めた神社のお札やお守り、そしてお神酒が供えてあるだけの簡素なもの。仕事が滞ったり、なにかこうもやもやして突破できないとき、新しいお神酒を供えて柏手を打つ。打った柏手は、神様へ届くのより先に、自分の内へと鳴り響く。「おまえは、私に何か頼む前に、まず出来る事がもっとあるのじゃないか?」神様の声なのか、内にある戒めの心なのかわからないが、いつも同じせりふが聞こえてきて、結局神様にお願いすることはいつもひとつ。自分に出来うることをすべてやらせてください。そのがんばりの苦しさに耐えられますように。 

笑。神頼みにしては、あまりに自力本願なのだけど、つまり私にとっての神様は、自分を映し出す鏡のようなものだということ。神様を都合よく、自分の外側に作って手を合わせるとろくなことがない。

話がそれたが恵方巻。実は今年、生まれて初めて食べたのだ。なに、人からちょうど頂いたから。それは、どこにでも売っているものだったのだけど、今年の吉方位・南南東を向いて、もぐもぐしながら思った。これをくれた人は、私の福を祈ってくれた。それだけでもう、こののり巻きは、他のものとは違うのだ、と。

そう、祈る気持ちに宿る力とは、目に見えないものだから、こうして食べらたり、手を合わせられたりする物の姿を借りているだけなのだ。




posted by 猫沢エミ at 00:00| パリ | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

揚げ物万歳!

予約チケットは完売しました!当日チケットをご希望の方は、明日、15時以降にTRAUMARIS /03-6408-5522 へ、まずは直接お問い合わせください。混雑が予想されますので、ご希望に添えない場合もあることを、あらかじめご了承のほど、お願致します。

Quand la femme tient la barre de sa vie N°2−猫沢エミライブ&トーク@TRAUMARIS  2011年1月22日(土)



110120petit-2.jpg


明日にTRAUMARISライブを控え、気もそぞろな花の金曜日。

と、書いてみたものの、花金とかいう感覚は昔から皆無だし、花金という言葉自体すっかり死語だものなあ。笑 

それはそうとて、ライブの前日くらい気難しいアーティストらしく、他の仕事もせずにイライラと落ち着かなくしてみたいものだが、そんな贅沢していたのは、遥か昔、コロンビア時代でマネージャーが付いていた頃くらいかしらとなつかしい。もう、今では時は金なり!状態で、ライブがあろうが、槍が降ろうが、直前まで他の仕事も平行しているのが常。事務所を辞めて独立した当時は、この切り替えスイッチがまだうまく作動しなくて、大変だったが、なに、人間鍛えれば鍛えるほどなんでもできるようになるものです。(もちろん、スタッフやいろんな方の協力あっての、ひとり仕事ですが。)

ナニナニだから、出来ない。というのは、やっぱり甘えというものだろう。そして、アーティストだから仕方がない。という言い訳も私は大嫌い。いや、本当に創作へ没頭しているときは、人間以外のものになってしまうから仕方がないのだけど、それ以外の時間は、そうゆう動物タイムの自分を支える真人間でありたいと思う。そんなわけで、時間がないという言い訳も禁止して、ばたばた朝から動きまわり、腹が減った。

夕方近くにとても遅いお昼ごはんを頂く。メニューは天丼。あら、忙しいのに手が込んでいるじゃない?とお思いの、そこの奥さん。ゆうべ、まとめて揚げておいた、たまねぎと人参&わかめのかき揚げですよ。そいつを魚焼きグリルで温めなおしたものを、既製品のそばつゆにどぼんと漬けたらハイ、出来上がり。もー、力が要るときの揚げ物って、なんでこんなにおいしいのでしょうね!油って偉大だなあ。しかも、しょぼい食材だって、揚げてしまえば、なんだかとっても豪華なおいしい味へと変化するんだもの。

あまりに活動が激しくて、ここのところダイエットとかカロリーセーブなんてことは、ちっとも考えない。どちらかというと、いかにカロリーを取れるときに取るかみたいな、動物じみた発想でごはんを食べている。でも、じっとしていて、ごはんもセーブしてダイエットするよりも、こっちの方が生きてる感じがするし、自分らしくていいやって思う。

さて、事務方仕事を早めに終わらせて、ミュージシャンにそろそろスイッチするとしますか…。




posted by 猫沢エミ at 23:17| パリ ☁| 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

楽しすぎて、少しブルー。

Quand la femme tient la barre de sa vie−猫沢エミライブ&トーク@TRAUMARIS
      ご予約開始は、10月20日(水)お昼の12:00 から!
       →http://necozawa.seesaa.net/article/166163561.html


101022-1.JPG


101022-2.JPG



はっ、と気がついたら電気もTVもつけっぱなしでソファで寝ていた朝、7時。

いつの間にかOは帰ってきてベッドでぐっすり眠りこんでいる。ああ、ゆうべ、DVDに録っていた松本人志の`プロフェッショナル´を見ていて、いつの間にか寝ちゃったみたいだ。仕事で早出のOと交代するように、再びベッドに移動して爆睡。そうして起きたらお昼だった。よく寝たなあ。目覚まし時計をかけないで寝ていいって幸せだなあ。だって今日は久しぶりの休日だもん。と、思っていたのは私だけ。そう、世間は金曜日で、世の中は普通に働いている。いくら自分だけが休日!と決め込んでも仕事の電話もメールもじゃんじゃんやってきて、「そりゃそうだよなあ…」と現実を受け入れて夕方までかたかたと仕事をする。

18時、銀座和光の前で元マネージャーのくにっぺと待ち合わせ。彼女に会うのも本当に久しぶりで、人々の楽しげな雰囲気が沸き立つ銀座の街角でがしっと抱き合う。私が今まで人生の中で出会ったいろいろな女子の中でも、ひときわ人間力の高い大好きなくにっぺ。今は、某企業のOLさんとして都内で働いている。くにっぺはずっと就職活動をしていて、先頃仕事が決まった。不況の転職活動というのは、本当に大変らしく、そんな話をあれこれ銀座ドトールの2Fで話し込む。私の近況もあれこれ話す。その後、ふたり連れ立って、祐天寺の家庭中華料理の隠れた名店`彩香´へ向かう。

今夜は、仲良しのとらちゃん&さるちゃんカップルと、Oも交えての食事会。電車にがたごと揺られ、東京の夜の喧噪を眺めていたら、プライベートで娑婆に出るのは、本当に久しぶりだなあと小さな感動を覚える。いやね、本当に今夜が楽しみだったの。普段会いたくてもなかなかそれぞれの予定が合わない仲良しの友達と、心置きなくおいしいものを食べるって、こんなに幸せなことってないじゃない?彩香で何を食べようか…なんておとといくらいからもう考えていたもの。

こじんまりとした小さな料理店、彩香につくと、今夜のメンバーがぼちぼちと集まってきた。この季節のメニュー、牡蠣とくわいの天ぷらだの、彩香といえばこれ!という有頭海老のチリソースだの、角煮&中華バーンズ、メニューには載っていない隠れ品、海苔スープ(お店の方に言えば、普通にオーダーできる)だのを、ぐうの音も出ないほど食べまくり、幸せな夕食が終了。その後、奥沢のカフェに移動して、お茶を呑みながらあれこれと夜遅くまで盛り上がった。

皆、それぞれの家路につく。Oの運転する車の中で、なぜだか少しブルーになる。まるで運動会が終わってしまった小学生みたいな気分。楽しくて、楽しすぎて、それが終わっちゃって、悲しい。そういえば、何かにものすごーく期待して、(たとえば誕生日とか、旅行とか、合コンでもいいや)出かけて行ったら、楽しみ!な気持ちが大きすぎて、でも、実際にはその大きさには満たなくて、少し悲しい…なんて感情、昔はよくあったっけと思い出す。実際は、ちゃんと楽しいのに。それで、「あんまり期待しないでおこう。」なんて、楽しみ!の気持ちをセーブしたりした時期もあった。でも、いつのころからかセーブするのを辞めた。だって、楽しみ!な気持ちはいいものだもの。少し未来の感情を計算して、今を楽しむことをセーブするなんて、もったいないって思った。少し悲しいのは、うんと楽しみ!で、そして楽しかったから。それでいいじゃない。


Photo1. 元マネ、くにっぺこと村中邦江。彼女といて
     つまんなかったことなんて、いまだかつて
     いっぺんもない。

   2. 彩香の絶品!大正えび(有頭えび)のチリソース。
     ソースも残らず白いご飯にまぶして食べきります。







posted by 猫沢エミ at 00:00| パリ | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

パズーの目玉焼きのっけトースト

100905.JPG


`ためしてガッテン´というNHKの人気番組がある。どこがどうとうまく説明できないのだけど、全体の雰囲気が好きになれない。なれないくせに、つい見てしまうのだから、やはり人気番組とは不思議な吸引力を持っているのだなあと思う。

その、ためしてガッテンで少し前に`革命的な目玉焼きの焼き方´をやっていて、すこぶるためしてみたくなった。番組で解明した2つのポイントによると、普段私たちが目玉焼きを焼くとき、フライパンからかなり高い位置から卵を割るため、黄身の中にある細胞壁が壊れて、とろりとした食感がそこなわれるのだそう。だから、卵を割るときは、まず、別な器にそうっと卵を割る。そして、次がもうひとつのポイントなのだけど、直接フライパンに卵を割って焼いてしまうと、黄身の下に薄く層を作る白身が黄身の加熱を邪魔して、いまひとつおいしい焼き加減にならないのだとか。

だから、まず黄身だけをスプーンですくってフライパンに置き、しばし加熱、その後よくまぜた白身をそのまわりに流すとおいしい目玉焼きになる。ほんとう〜〜?!と半信半疑ながらやってみたところ、本当にいつも食べている目玉焼きとは別物かと思うほど、クリーミーでおいしい目玉焼きが焼けた。確実においしい。おいしいのだけど、目玉焼きはぱかっと直接フライパンにやって、じゅうと焼く行為も含めての目玉焼き、という行動の記憶がどうも邪魔するなあ。

ところで目玉焼きといえば、宮崎アニメの`天空の城ラピュタ´で、パズーが作る朝食の目玉焼きのっけトースト。朝っぱらから悪漢たちに追われたパズーとシータは、朝食を食べる暇もなく飛行石の洞窟へ逃げるのだけど、そこでパズーが逃げるときにカバンにつめてきたトーストを出して、シータと仲良く食べるシーンがある。それがたまらなくおいしそうで、ときどき真似して作っちゃう。宮崎アニメに出てくる主人公たちは男女とも、ある理想の人間の姿だったりするのだけど、特にパズーの元気でへこたれないガッツも優しさもあるキャラクターは、理想の男性(まだ少年だけど)の姿だなあと思う。こんな非常事態にも、食べることを忘れない気の利いた男の子に「はい。」と、目玉焼きのっけトーストを出されたら、恋に落ちてしまうだろうなあ…なんても思う。


Photo.普段はトーストに目玉焼きのみですが、今日は先日作ったミートソースの残りがあったので、それの上にのっけた豪華版。


posted by 猫沢エミ at 00:00| パリ | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

トリンガル猫沢の白河ラーメン道

100910-1.JPG


え?何がトリンガルだって?一応、フランス語、日本語標準語、そして生まれ故郷の福島・白河弁のトリンガルって意味ですよ(笑)。いやね、私はネイティブの白河弁が話せることに誇りを持っているの。フランス語が話せるってことよりも、たぶんずっと誇りと愛着があるかもしれない。

小学校からの親友とは、いまだ白河弁でしかメールを書かない。彼女とは、何十年も白河弁でしかやりとりしてなかったものだから、時々切迫した緊急メールのとき、標準語を使ってメールを書いたりするとものすごく恥ずかしいんである。ちなみに、白河弁でメールを書くとこんな感じ。「はあ、元気げ?おら、はあもうくたびっちゃ。まっだぐでごすけばっかすで、やだぐしっちゃーんだわ。あんた、すらかわさ帰ってんのけ?たまにはやびなよー。」と、こんな感じ。わかります?(わかんないだろ、普通。笑)

ところで、皆さんはクドカンのドラマ`うぬぼれ刑事´見てますか?主人公・うぬぼれの父役で出ている西田敏行のネイティブ福島弁が最高なのである。彼は白河の人ではないので、少し違う部分もあるのだけど、おおむねのイントネーションは同じ。まるでうちの父がぶつぶつ言ってるかのようなのだ。福島の男性は愛らしい。元々のキャラクターがどこかすっとぼけていて、緊急時にもまるで緊迫感がない(あっても、言葉がのんびりしているせいなのか、まるでそれを感じさせない。)ところが良い。最近、方言が全国的にクローズアップされているが、お国なまりというのは、それ自体がひとつの立派な言語だなあと思う。どこの土地でどんな言語で育ったかは、その人のキャラクター形成におおいに影響を与えるものだなあとも思う。

なんだか前置きが非常〜に長くなってしまったのだけど、最近、東京で唯一ネイティブ白河弁の通じる場所が出来た。それが、東京・白山に出来た白河ラーメンの名店`火風鼎(かふうてい)´白山店。若き二代目の小白井くんが、一代目として名を馳せる、彼のお父さんの白河の火風鼎をしのぐ味で、こつこつとおいしいラーメンを作っている。ところで、ラーメンについて一言もの申したい方は、世間にたくさんいらっしゃると思う。私の場合、子供の頃から白河ラーメンしか知らず、どっぷりその味に浸かって育ったものだから、他の土地のラーメンを語る資格はないし、比較することもできない。ただ、東京で何度か食べた有名店のラーメンの中には、麺は製麺所に頼んだ機械打ち、というのが当たり前になっているお店もあって、正直首をかしげるところなのだ。

白河ラーメンは、スープはもちろんのこと、麺は青竹や麺棒を使った手打ち麺で、メンマもチャーシューも、とにかくどんぶりの中に入っているすべてのものが、自家製なのが当たり前。ちなみに、ワンタンも手打ちで、これがまたすこぶるうまい。ラーメン屋なのに、麺は誰かに頼んで作ってもらっているのなら、そこはラーメン屋ではなく、スープ屋なのでは?と、素直に疑問がわく。コシがあって太さに抑揚のある白河の麺をラーメンの麺だと思って食べ育った私には、いくら研究を重ねようが製麺所で作ってもらった機械打ちの麺は、食べてもちっとも面白くないのである。白河ラーメンの麺は、生き物だ。気候や湿度、水の状態がダイレクトに影響する。だから、名店とて「今日の麺はいまいちだった。」ということもあるし、逆に「今日は最高だった。」という日もある。だけど、元来生きた食べ物とはそうゆうものではないかと思う。しかし、職人さんがそこをできるだけコントロールして、条件の悪い日でも最良のものを目指す心意気が味にでるのではないかしら?ところで、最近の東京で流行っているのは、こってり系とか太麺、つけ麺系のようだけど、ごまかしの利かない、澄んださっぱり鶏ガラ醤油系がお好みの方、そして昔ながらの日本のラーメンの原型がお好きな方ならば、きっと小白井くんの作るラーメンに惚れることうけあい。

ああ、今日もうまいなあ。このお店が東京に出来てくれて本当によかったなあ。小白井くんの温かなネイティブ白河訛りも、ラーメンの美味しさをよりリアルにしてくれるのは、やっぱり私が白河っこだからなのだろうな。


● 白山・火風鼎(かふうてい)
  東京都文京区白山1-31-9
   小林ビル1F
  03-3821-5008
都営三田線・白山駅A2出口より徒歩1分


Photo. 手打ちラーメン¥650(!)という現地白河と同じ値段で勝負しているあたりも
   心意気を感じます。火風鼎の売りでもある、おいしいチャーシューののった
   チャーシュー麺、ワンタン麺もおすすめ。
  

posted by 猫沢エミ at 00:00| パリ | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。