2011年05月06日

日暮愛葉、という信頼できる女。


急告♡5月6日(金)20:00~ UstreamTV 「宍戸留美×津田大介 Oil in Life Vol.8」
★ゲスト(Vol.08):猫沢エミ @necozawaemi ( http://ustre.am/dvgg ) 出演!
たっぷり生ライブお届けします!遠方でなかなかライブをご覧になれない方、ぜひ
観てください。被災地のみなさんへも心を込めて歌います♡



愛葉petit.jpg



90年代、渋谷系と言われる音楽の全盛期。そのバンドは日本を飛び越え、世界を舞台にロックしていた。

その頃の私と言えば、`猫沢エミ´などという、売れない少女漫画家みたいな名前と共に、クラシック・現代音楽とジャズという経歴をほぼ無視されたポップス歌手としての曲作りを強要され、本名の自分と芸名の自分が解離するジレンマに悶えていた。

ある日、おしゃれレーベルとして名高いトラットリアの方から、1枚のとてつもなくかっこいいCDを頂いた。SEAGULL SCREAMING KISS HER KISS HER−そのバンドは、XTCの曲名を冠り「やりたいことだけをやるのさ。」とギターがぎゅんぎゅん唸りを上げていた。自分も同じ渋谷系とカテゴライズされる枠の中でデビューしているというのに、私は田舎から出てきた歌手を夢見るロック少女のような気持ちで、フロントに立つ、その女の子に強烈な憧れを抱いた。それが日暮愛葉だった。


その後、私は事務所とレコード会社から、だまされるように契約を切られ、選択の余地なく個人事務所を作って独立した。一部のコアな音楽ファンはいたものの、売れたわけでもなんでもない常識のない歌手が、30歳でひとり社会に突然放り出された。今でも覚えている。その頃、ピチカート・ファイヴとして世界に名を馳せていた小西康陽さんに、オルガンバーで苦しい気持ちを打ち明けたとき「僕にはわかります。あなたは10年後も音楽をしている人だ。」と言ってくれた、あの言葉を。

それからずいぶんと時代が流れた。後から後からたくさんの女性アーティストが生まれ、売れ、そして消えていった。私は、渋谷系の素晴らしい音楽を作るDJやプロデューサーからいくつもの素敵なプロジェクトに誘われ、終わると思っていたミュージシャンを続けることができた。そして、念願だったパリへ行き、苦しんだり悩んだり、いくつもの失恋やとりかえしのつかない失敗を繰り返して、人としてどうにか哲学を持てたかもしれない40歳になった。ひどい10年間だった。そして、ひどいのと同じくらい素晴らしい10年間だった。

レコード会社と契約していたあの頃、40歳になって老いさばらえ、路頭に迷っているであろうとしか思えない先の自分を想像するほど怖いことはなかった。その、恐ろしい想像しかできなかった未来の自分になってみて、ひどくつじつまの合わない人生ではあるけれども、それなりにやってきたのだ、人は生きてさえいれば、かならず道があるものだと思えるようになった41歳の春、今度はCDジャケットの中身ではなく、生身の日暮愛葉と再会を果たした。そう、それはまさに初対面ではなく`再会´だった。


きっかけは、数ヶ月前から突発的にはじめたツイッターで、そこにいた10年来の友達が愛葉ちゃんと長く交流を持っていて、自然とやりとりが始まったのだ。互いにもちろん名前は知っているけれども、実際にはどんな人なのかまったくわからないまま、男について、女について、人生についてぐだぐだとやりとりをしているうちに、とてつもなく気が合うのではないか?と勘づいた。そして、ある夜、私たちを繋いでくれた友達のバーで生身の日暮愛葉とついに会った。まさしく私の予感は的中し、まるで10年間の時を埋めるように、私たちは互いのことを話しまくった。先に長々と書いた私の10年間とはまた別の、痛みに満ちた愛葉ちゃんの10年を一気に受け取った。

数々の精神疾患、激しい感情の起伏と戦う日々、その裏にあったパートナーとの離婚、シングルマザーとしての人生。その日も、決して調子がよさそうではなかったけれど、彼女からは、透き通る、揺るぎない気を感じて、状況はどうであれ「何も心配することはない。」とはっきりと確信が持てた。それは、おそらく自分では見ることができないけれど、とても確かなヴィジョンだったのだと思う。10年前、小西さんが私に投げた言葉のように。

現実には初めて会った人なのに、100%信頼できると言葉ではなく、体の深いところで腑に落ちた。どうしてそう思えたのかと言えば、彼女が自分の痛みと戦って、己の中に明瞭な地図が出来ているのを見たからだと思う。その地図が、どんなに起伏に飛んだ険しいものでも、限界も可能性も、きちんと自分で書いた線として、あるひとつの美しい形を成していたからだ。その美しさは、複雑で奇妙で唯一無二の姿をしている。自分と泣きながら向き合った人が書く、誰とも共有できない孤独でゆるぎない地図を彼女は自分の中に持っている。


そんな愛葉ちゃんが、今組んでいるガールズバンド・THE GIRLのライブを先日、観た。そのかっこよさといったら、もう!フロントに立つ愛葉ちゃんは、強い女であるのと同じくらい、透明で、儚くて、確かな存在感を持っていた。強い女だけなら、ここまで信頼したりはしない。そこには、弱さも葛藤もとまどいもきちんと同居していたから、限りなくますますそんな彼女に惚れたのだ。人生と戦う姿を、その弱さもぜんぶひっくるめて堂々と見せられる女を、私は誰よりも信頼する。完璧な人などどこにもいない。100%強い、鉄のような人間も。本当の強さとは、痛みも弱点も全部自分のものとして請け負う勇気があることを言うのだ。だから、私は彼女にふたたび恋をした。そう、10年前にシーガルのCDを握りしめて、恋焦がれたあのときのように。スタイリッシュなロック。無駄なものがひとつもない超純水みたいな音楽に、魂をくすぐる流暢な英語の響き。パリにやってきた土臭いアフリカ移民の女の子が、アメリカからやってきた洗練されたロック少女に憧れてるみたいだ…ライブの間、ずっとそんなことを思っていた。


ところで、冒頭に書いた`猫沢エミ´の名前を含めた否定文に戻るけど(笑)今の私は、その否定文を全部肯定文と考えているよ。かわいそうなことに、当時の猫沢エミを、一番理解してやらねばならなかった自分が、ひとつもわかっていなかったのだ。だから、私は売れなかったし、はっきりとしたイメージを打ち出すことができなかった。それで、事務所からもレコード会社からも愛想をつかされた。すべて、自分が招いた苦難。そして、その苦難があって初めて私は、今の自分を手に入れた。矛盾に満ちた、不完全な、生きる事がどうも巧くない、けれど自分だけの理想に向って止まることを知らない愛すべき自分。それは、10年前となんらかわりなく垢抜けない、土臭い自分なのだけど、その土臭さから、10年前には感じることができなかった気高い匂いを、今は感じることができる。


Photo:THE GIRL ☆☆☆














posted by 猫沢エミ at 00:58| パリ | 音楽日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

世界一、魅力的な男への捧げもの

LIAISON−La fête de fille @渋谷Liaison 2011年3月12日(土)
限定30名様限り、ご予約はお早めに♡ 春にふさわしいスペシャルプレートも登場!




3_large.jpg

photo:Kanaki Shiina



セルジュ・ゲンズブールは、彼を良く知る人とあまりよく知らない人の`知る´度合い差がとても大きいアーティストのひとりなんじゃないかと思う。つまり、彼の生き様や音楽を知ったとき、自分の中にある感性の受動態に、かちっとはまってしまったら、もう人生の中からそれらを取り除くのは難しいほどの影響力を及ぼす。逆を言えば、はまらなければ一も百も等しくわからない…そういったタイプの。

かくいう私はどうなのかといえば、おそらく前者だろう。ただ、知れば知るほど、大胆で繊細でセンセーショナルで内向的な恐ろしいレンジに振り回され、わからなくなる。そう、彼を知り、愛し、憎み、去って行きながらも、生涯かけて彼を自分の中から追い出すことができないでいた女たちと等しく。そんな男が20年前の今日、永遠のパラディに旅立った。そして、パリ、サンジェルマンデプレを遠く離れたここ、東京で、生涯彼を追い出すことのできない人たちが集まって、音楽の捧げ物をしようということになったのだ。

PM 22:00。南青山のLe Baron de Paris に到着すると、赤と黒の地下空間には、決して美男子とはいえないのに、とてつもなく魅力的な生前の姿が映し出され、愛の不条理を知り尽くした男の歌が流れていた。Je t’aime moi non plus~愛してる。俺もそうじゃない。本来、仏語の文法では、肯定のJe t’aimeの返答にmoi non plusは使わない。前文がJe t’aime pas〜私は愛してない。という否定文が来たときだけ、moi non plusは使うものなのだ。

嗚呼、こんなことを説明している自体、無粋の極みなのだろうけど、このつじつまのあわない女と男の一言で、愛の不実と可能性をさらりと言ってのける男、それがゲンズブールである。よせては返す波のように、愛は変化する。愛しさと憎しみの間を留まる事なく行き来する。そのふたつの狭間に、ほんの一瞬訪れる至上の喜び。幻のようなひととき。信じるべきは、それだけだ。言葉は、なんの力も持たない。社会的な立場や名前も、そしてJe t’aimeさえも。

そんなことを知る賢者のために、私はRequiem pour un con そして Couleur café を歌った。偉大な男に見合うほど上出来ではなかったかもしれない。それでも、歌っているとき、一瞬あの男に抱かれたような感覚に落ちた。そして、その後、ペルノーで落ちた。あの黒と赤のフロアで、私は念願の生け贄になった。20年前の今日、永遠のパラディに旅立った、男の中の、男の。





posted by 猫沢エミ at 00:00| パリ ☀| 音楽日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

TRAUMARISという名の涅槃にて

110212-1petit.jpg


110212-2petit.jpg


Sphinx.jpg




本日、3回目となるトラウマリスでのライブシリーズ「女が人生の舵を取るとき」。

ここでのライブは、ちょっと他とは違う。たぶんそれは、オーナーの住吉智恵さんが、アートのプロフェッショナルな上、私のような人の形を成しているのがなかなか大変なアーティストをこよなく愛してくれるから、思い切り、自分の作るものへ挑戦できる環境が揃っているからなのだと思う。さしずめ、智恵さんが釈迦で、トラウマリスはアーティストが成仏できる涅槃なんだなあ、きっと。

ところで、今回は連休の中日ということもあり、ライブ直前まで予約のお客様が異様に少なかった。それにたじろいで「いっそのこと、延期にしてしまおうか…」とおじけづいた日もあった。というのは、私は歌を歌って太鼓を叩くアーティストであるのと同時に、ミュージシャンを従える運営者でもあるから。これは、個人事務所を作ってから現在までの、常なるジレンマでもあった。ところが、その凹んだ日に、はっとした。自分は運営者側になりすぎている。ここで、一度運営なんてくそくらえな社会性のないミュージシャンに戻らねば、音楽も頭打ちになるだろうと思ったのだった。それからいきなり、気が楽になった。少ないお客様、それも結構。思い切り、今できる最高のものをやろう。そう思った途端にいろんなアイディアが浮かんできて、今までにない、何にも媚びないセットリストが出来上がり、本日を迎えたというわけです。

今日の見所は、先日のリハ中に自然発生的に出来た新バンド(とはいえ、メンバーはギターの円山くん、ウッドベースの岩見くん、そして私、とまったく一緒。笑)Sphinx-スフィンクス(ピラミッドの横にいる、猫みたいなあいつです。)の初お披露目が1曲入っていることかな。ずっとやりたかったミニマル・インプロヴィゼーションバンドが、ようやく形になりつつあるのだ。意外にもバンド、という形を自発的に今まで作ったことがない私。この事件とも言うべき出来事は、ピラミッドの横で、ひとり何千年も座ったままで、旅に出たいであろうスフィンクスと同じくらい、私の中で切望していたことなのかもしれない。

ところでインプロヴィゼーションの醍醐味とは、ライブの中のライブ、まさに一度しか演奏できないその`現場´感にあるように思う。ミュージシャンが、互いの奥底に持つ、それぞれの音楽歴に深く探りを入れながら、呼応どころを打ち鳴らし合う。その鳴った音に、互いが惚れ合い、喜び合い、テンションはどこまでも高く舞ってゆく。今日は、まず手始めとしてはなかなかいいものだったんじゃないかと思うけれど、もっともっと遠くまで行けるだろう。そう思った。そうだ、ピラミッドの横で飽き飽きしているあいつが、世界の果てを見に、ついに旅へ出たのだ!

それでね、本当にライブを延期しなくてよかったなあと思ったの。そして、なんでもやってみなくちゃわかんないんだってことも。もしも、このライブを延期していたら、私は大きなものをつかみ損ねて、この週末を過ごしていたのだもの。些細なことも、大きなことも、まだ起きていない事柄は、怖い。でも、怖がっちゃだめなのだ。自分の中の、まだ見ぬ新しい領地へと旅を続ける。それこそが、生きている意味なのだと思うから。

ところで、このライブには「女が人生の舵を取るとき」というディープなトークショーがついている。相手役は、人生の獣道をよく知るイラストレーターのsinoちゃん。今日は大姐・智恵さんの体験談も飛び出して、次の4回目には一体何を話せばいいのだ?!というところまで、いってしまいました。男も女も永遠の愛もワンナイトセックスも、すべて悩みで出来ているものだけど、大事なことは、強くしなやかでいることだろうね。しなやか、には、矛盾と余白のスペースがあって、他者も自分も追いつめずに、けれど軸がぶれないところを探り当てるという、なかなか高度な技がいるけれど。

次回は、おそらく4月頃!今回来れなかった方、ぜひ、恵比寿の涅槃へいらっしゃい。



Photo1. 現在TRAUMARISで開催中の、湯沢英治さん展覧会「BAROCCO」の骨の
    映像インスタレーションと一体化して、演奏しました。`彼の骨を拾いに 
    森へ行く´ーTABACの森が、不思議な臨場感で迫ったはず。

   2.人生の獣道をゆく三人の姐御による、ディープなトークショー。
     かなり具体的に、迷える女子を救います。

   3.バンド名Sphinxは、2005年のモレスキン展のために描いたこの絵から
     インスパイアされて、独断と偏見で決めました!
    





posted by 猫沢エミ at 00:00| パリ ☁| 音楽日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

レレレのガガガ♪

ツイッター始めました♡@necozawaemi

IMG_2429.jpg



本日、ムッシュ・ミウラこと三浦信くんリミックスによる、レディ・ガガのコンピレーションレコーディングの打ち合わせで、高津のハピネスレコード・スタジオへ。

えっ?!猫沢がレディ・ガガを歌うの?!ってコーラス&サイドヴォーカルのお仕事です。実は、原曲の資料を頂いた時は、英語だし、ノリもかなり違うし、どうしようかなあと迷ったところが本当の気持ち。しかし本日、進行中のレコーディングで完全なクラブジャズアレンジと化した曲を聴き、俄然やる気が湧いてきた!んもーかっこいい!

打ち合わせの前に、アコーディオンのさぶちゃんが、私の担当する曲とは別曲の本撮りをしていて、大変しびれた。さぶちゃん、あなたやっぱり天才だ。しかし、年々こうした完全生楽器のレコーディングが予算やらなんやらの関係で減っているけれど、生にまさるものはなし。そして、ミュージシャンたちが、一瞬で繰り出すインスピレーションによって互いを感化する現場というのは、心底楽しいものだと実感した。

終了後、今日のメンバーで軽く呑み。こりゃあ、うかうかしてられないぞ。原曲の何十倍もかっこよく難易度の高くなったトラックに、泥を塗ってはいけない。がっちり歌のラインを考えて、練習して臨もうではないか。

Photo:(左から)エンジニアの平野さん、メインヴォーカルのウータン、さぶちゃん、
       アレンジャーのメルくん、そして私。(三浦氏は、カメラマン)




posted by 猫沢エミ at 00:00| パリ 🌁| 音楽日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

機材は美しい。〜TRAUMARIS ライブ N°2


ツイッター、始めました!@necozawaemi

110122petit.jpg


110122-2 petit.jpg


110122-3petit.jpg




ゆうべは、予想通りあんまり眠れなかった。

ライブの前日というのは、自然とテンションが上がってゆくものだから、大抵ぐっすり快眠というわけにはいかない。ちなみにライブ後のテンションも、ゆっくりしか下がらないから、どんなに疲れていてもすぐには眠れないのだけど。

ゆうべ、あらかた準備を終えていたので、朝は慌てずに済むはずだったのだけど、そうだ!ヴォーカルケーブルを取りに秋葉原のオヤイデ電気へ行かねばならなかった!オヤイデ電気さんとは、ケーブルだけを取り扱う非常にマニアックなお店で、担当の佐々木さんは、私のために取り置きしておいてくださった2種類のケーブルについて、丁寧に解説してくれたのだった。すごいなー、どの世界にもそのことだけを突き詰める専門家っているのだなあと思いつつ、音の高低レンジが広い新しいケーブルを抱えて、嬉しそうに恵比寿のTRAUMARISへ向う。しかし、こうゆう部品とか機材とかを買って喜ぶ感覚って、完全に男性だよなあと思う。女の子が化粧品で上がるのと同じく、私はバイクの部品やら機材でも十分上がる。

TRAUMARISで楽器をセッティングしていたとき、ふと、「機材は美しいな。」と思って、写真をぱちぱち撮った。完全なる機能美。業務的であればあるほど美しい。そういえば、今日のライブ後の`女が人生の舵を取るとき´トークショーでも、私は実用に裏付けされたものが好きだ、という話を、靴のチョイスについてsinoちゃんと語っているときにしゃべっていたなあと思い出す。美は美。理由があろうがなかろうが、そこには美だけが存在する。けれど、私が最も惹かれる美は、機能美、つまり働く美、なのかもしれない。

ところで今日のライブは、さらに野性味を帯びた自分とメンバーが、セレンゲティ国立自然公園を駆け回るような風景だった。と言って、ご覧になってない皆さんに伝わるだろうか?笑 アコーディオンのさぶちゃんのオリジナル曲も皆で1曲演奏したのだけど、ピアソラの再来みたいでかっこよかったなあ!そして、初回ですでに伝説と化したsinoちゃんとのトークショーも炸裂していた模様。(当事者のふたりは、あまり自覚がないものなんです。)

最後まで残ったsinoちゃん、マダム智恵さん、スタッフかなきちゃんとカレーを食べて、さらにディープな恋愛談義後、精魂尽き果て、大量の美しい機材と共に、夜のトーキョーをタクシーで駆け帰る。

*次回のTRAUMARIS N°3は、2月12日(土)に決定!今回来れなかった方はぜひ。近くこのブログで状況UPします!


Photo1. 美しいなあ、機材。
    
   2. そして、楽器もミュージシャンの動きも、理由ある美しさ。

   3. 今夜も迷える子羊ちゃんたちを導いて?おおいに腹が減った
猫沢&sino、激ウマカレー中。

 



posted by 猫沢エミ at 00:00| パリ ☁| 音楽日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする