2011年09月23日

服欲



昨日、ツイッターで「服欲」についてつぶやいた。日比谷駅構内にて。渋谷Liaisonにて定例でやっているフランス映画教室の打ち合わせを、映画宣伝業を営む合方のおぐちゃんと終え、突然降り出した雨を避けてタクシーで日比谷に向ったのだ。おぐちゃんは、10月渋谷シアター・イメージフォーラムで公開するマッテオ・ガッローネのやくざな映画「ゴモラ」の解説演説をするために、でっかいパネルを抱えて立派なビルに駆け込んで行った。ひとり残された私は、せっかくここまで来たのだから有楽町あたりまで足を延ばして、ウィンドウショッピングでもしようかと一瞬思ったが、雨が振っているという夢のない理由で、内幸町から三田線に乗ってしまった。いつものごとく間違えて反対方向に…。帰宅を急ぐサラリーマンの波を泳ぎながら「私という人間は、つくづくつまらない女だなあ。」と、素直に思った。せっかく女性性で生まれたというのに、ウィンドウショッピングもしないなんて。

コロムビアから猫沢エミとしてデビューした90年代後半当時、私は毎月何本もの雑誌に特異な猫顔の持ち主として、ファッションモデル的な立ち位置で登場していた。その呼び名は「おしゃれ有名人」であった。力のあるフォトグラファーさんやスタイリストさん、ヘアメイクさんと一緒に美しいページを作る仕事は楽しいものだったが、正直、本当の自分と誌面に載って世に出てゆく猫沢エミという人は、解離していたように思う。「切り売りされて…」などという甘えた感慨はない。解離していたのは、自分に軸がなかったからで、レコード会社のせいでも事務所のせいでもなかった。

季節の始め頃になると、どこかの雑誌から「猫沢さんが最近購入された先取り秋冬ものを、ぜひご紹介ください」と依頼があったが、実は毎回これが悩みの種だった。だって、当時の給料は今だからぶっちゃけるけど、15万円。雑誌以外にTVなどのレギュラー番組も持っていたので、毎回同じものを着るわけにもいかず、しかしお金もなく。ところで通常、事務所というものは、所属アーティストのこうした経費をきちんと出してくれるものだけど、私の事務所はひとつも出してくれなかった。それでどうなるかと言えば「衣装代立て替え」という名の借金へと自動的に積まれ、年に一度出す、命がけで書いた楽曲アルバムの印税を根こそぎもっていかれて、そこでの収入もゼロになる仕組みだった。

服を買うこと、身の丈に合わないおしゃれ有名人という姑息なイメージをつなぎ止めるのは、仕事とはいえとても苦しかった。もちろん、服そのものは好きで自分でチョイスしていたから、ブランドに勤めている友達にこっそり社割で買ってもらったり、スタイリストさんから撮影で着て気に入ったものを安く譲ってもらったりもしていた。操り人形だったわけでは決してない。あの頃、雑誌に登場していた自分は、確固たる私であったのだけど、それでも服という存在に振り回され、疎ましかったのは事実だった。

それから私は独立し、パートナーと始めた会社が軌道に乗って、お金に困らない時代が到来した。私はむさぼるように服を買った。そして、不況時代がやってきて、またお金に困窮する時代を迎えた。パリにアパルトマンを持っていた最終期である。ところが、そこで初めて私は、服に対してはっきりとしたスタイルを持つに至った。買えるチャンスも物も限られた中で、物を選ぶという行いに真剣に取り組んだのは、生涯においてそのときが初めてだったと思う。その結果、自分に必要なのは、素材がよくて着心地がいいもの、長く飽きずに着れるシンプルなもの、服に着られず自分が着こなせるもの。この3つのポイントを具えているものだった。

ときたま、デコラティブな遊びの利いた今期限りならいいだろう服をかわいく着ている友達を見たりして「ああゆうの、着るのいいな。」と思うこともある。でも、最終的には「自分には要らないもの。」となる。大事なのは、欲しいものではなくて、自分には何が必要でないのか?を知ることだ。そのかわり、気に入ったものは2枚まとめて買うこともあるし、穴が空こうが脇が裂けようが、何度もちくちく縫って着続ける。さすがに、あまりにも繕い箇所の多いものは、潔く手放そうと思う今日この頃ですが。

ちなみに、服は面白いように飽きのきやすい存在でもあるのだけど、どの服も買った当時は「これが一番」で、なぜかいつのまにか10番手くらいに格が下がる。もう持っているのに、似たようなものの新品に手が出そうなとき、すでに持っていて古女房化している服をまじまじと眺め、初めて出会ったあのときの嬉しさを蘇らせてみたりもする。そんなわけで、私にとって服とはたくさんは要らないもの、である。その代わり、いいものしか買わない。いいもの、とはそれに見合った素材と金額を兼ね備えたコストパフォーマンスの良いもの。

おそらく「服欲」のコントロールとは、そのままお金に対するセンスと直結している。お金に使われる人は、服に着られてしまう人。お金も服も、センスを磨けば自分の支配下に置いて、彼らの本当の輝きを引き出すことができる。だから、貧乏な時期も、お金を持ってそれを使う喜びをつかの間感じる時期も、人生の中では両方必要だと私は思う。

ところで、私の人生の中で数少ないお金に困らなかった時代に無造作に買った服たち。現在の考え方では決して買わない類いのものもあるけれど、案外いいラインナップで、貧乏期をうまくフォローしてくれていた(笑)袖がボロボロになったZUCCAのパーカーも、今はなきbali barretのカーディガンも、すでに戦友レベルの付き合い。まだまだ大事に着続けます。











posted by 猫沢エミ at 12:36| パリ | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

老いる美学。

LIAISON−La fête de fille @渋谷Liaison 2011年3月12日(土)
限定30名様限り、ご予約はお早めに♡ 春にふさわしいスペシャルプレートも登場!




110307-1.JPG



110307-2petit.jpg

Photo:Hitomi Ueda




朝、目をこすりながらリビングへ出てみると、東京が一面真っ白だった。ほぼ視界ゼロ。細かな雪のカーテンが都会のどこかしこにも引かれてしまっていた。こりゃ、電車が遅れるかしら?と心配しながら、出かける準備をする。今日は久方ぶりのモデル業の日。モデル、といったってそれを生業とするプロのモデルさんみたいなお仕事とはちょっと趣が違う。私の大好きなジーンズブランド`Johnbull´が作る季刊誌に出させて頂くことになり、その撮影日なのである。


そういえば、私がまだ若かりし頃の90年代、こんなにチビでスタイルも良くないのに`キューティー´をはじめとするファッション誌にずいぶんと出して頂いた。その頃、ティーンネイジャーだった女の子たちは、私のイメージを雑誌の中に見出したかもしれない。あの頃の写真を見ると、当然だがずいぶんと若く、かわいい(笑)。けれど、同時に胸が痛くなる。私は自分の持っている美しさをぜんぜん理解していなかった。

美と書いて、唯一無二の物。と私は考える。美とは、絶対的なものではなく、他には比べようのない世界でひとつだけの個性なのだ。それは、どこから生まれるかといえば、美を持つ人、作り出す人が本気でそれを認めているところから始まる。簡単に言えば「わかっている。」ということなのだろう。他人の観点ではなくて、自分が、それを美しいと本気で思うこと。自分の中に自分を認める唯一のパトロンがいて、初めて他人が見てとれる外見に美は表れる。雑誌でもてはやされていた若くかわいい頃の私には、それがなかった。だから、痛ましい。内面と外見のつじつまがあっていない表情をしている。


それから10年経って、私は10年分老いた。今日のフォトグラファー、長山一樹さんのテストショットを見せて頂いた開口一番は「私、老いたなあ。」であった。そりゃそうだよ、生き物が10年歳を取ったのだもの。(笑)けれど、案外満足していた。若く痛ましかったころより細胞はだれていても、そこに映し出された私はつじつまの合った表情をしていたからだ。じゃあ、つじつまが合い出したのはいつの頃か?と思いを巡らす。それは、やはりパリに住んだあたりからだろうと思う。

ところで、先に私は自分のことを`チビでスタイルも良くない´と書いた。もちろん事実なのだけど、これはとても表面的でくだらないっちゃくだらないコンプレックスが生み出す主観的な自分の見方でしかない。こんな塩梅で、渡仏したばかりの頃の私は、魅力的なフランス男に「T’es belle! 君は美しい。」といくら言われても、「Non!」とはねつけていた。ところが、はねつけてばかりいたら本当に美しくなくなっている自分を、ある日発見したのである。冴えない顔をしていた私に、フランス男のひとりが言った。「背が小さいとか、手足が短いとか、それが一体なんだっていうんだ?君の魅力は君だけが持っているものだ。他の誰にも比べようがない。内面の輝きと外見の個性両方が相まって、人の美は初めて作られるんだよ。」当たり前のことなのに、ものすごくはっとした。狭い島国で、その時期時期に短いスパンで人様が勝手に作りだす廃れやすい流行の美学に、知らず知らず冒されてしまっていたのか。そもそも、そんなものに冒されるということは、自分に目をかけてやれていなかった証拠だ、と。そして私は、自分から目を離さぬようパリで暮らし、10年が経った。いろんなことがあって、苦労とは一言で片付けられない時間をかいくぐってここまできた。


「お疲れさまでした。」の一言で、長山さんの熱意ある撮影が終わり、撮られた写真を再び見せて頂いた。とても満足した。相変わらず変えようのない短い手足と老いた姿がそこにはあったが、私はぴったりとつじつまが合っていた。

言い忘れたけれど、今回のJohnbull季刊誌のテーマは「旅」。写真の中の私は遠い目をしている。何を見ていたかといえば、老いた10年分のひとり旅を、その激しく豊かだった旅路を、切ない気持ちで眺めていたのだ。


Photo1. 遠い。遠いなあ…

   2.フォトグラファー、長山一樹さん。


    《Johnbull 2011 Spring & Summer Collectionブックレット》
 
 4月下旬から全国直営店「Johnbull Private labo」「Johnbull Private labo musee」
 などで無料配布開始。
       *   *   *   *   *
  デニムやミリタリー、ワークなど普遍的なスタイルを現代版にアップデイトする
  岡山児島発のブランド《Johnbull》が、2011年春夏シーズンの期中に初めて刊行
  する無料ブックレットです。今シーズンのコレクションテーマである“Journey=旅”
  を題材にしたコラム集や、《Johnbull》の新作ウエアを着こなしていただく著名人や
  クリエイターのポートレートなどなど、《Johnbull》の世界観をフリーマガジン形式
  にしたものです。ぜひ、もらってね!




posted by 猫沢エミ at 21:44| パリ | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

女は女である〜真舘嘉浩ORGASMO展

   当日チケット発売決定!気分が乗ったらGo !

Quand la femme tient la barre de sa vie N°3−猫沢エミライブ&トーク@TRAUMARIS
2011年2月12日(土)19:00 staet

ー`女が人生の舵を取るとき´トークショーつき、限定50名様限り♡ー

ライブへお越しくださる方へのお知らせ〜当日は、ドリンク込み¥3000を
入り口でお支払いください。おつりの用意に限りがありますので、できる
だけ1万円を避けてお支払い頂けますと助かります!by necozawa


110205-1petit.jpg


110205-2petit.jpg




明日、三浦信くんプロデュースのレディ・ガガ・コンピレーションレコーディングを控えた土曜日。(私は今回、サイドヴォーカル担当です。)平日の少ない時間をフルに活用して、苦手な英語曲の練習に励んだわけなのだけども、まだ少し不安な要素あり。英語の発音がどうしても仏語なまりになっちゃうのは、一晩や二晩じゃ直らないのだよなあ。

ここのところ、まったく休みがないのだけど、今日は夕方から半日だけフリーになるので、楽しみにしていた、グラフィックデザイナー・アニーこと真舘嘉浩さんの個展へ出かけることにした。個展というのは、とても準備が大変だ。通常業務?をこなしながら、作品を作り上げるアーティスティックなことを同時にやらねばならないから。これも、最終的には仕事なのだけど、作品を作って発表するという点では、もっと純度の高い`やりたいことをやる´という、アーティスト本来の活動だ。これがなかなかね〜、日々生活に取り紛れていると自発的にやるのが難しいものなんだけど、本当はこれをやるために、他の仕事もあるようなものだから、今回、友人のアニーが忙しい中、えいっ!と個展を開催したのは素晴らしく、そして私もがんばらねば!と純粋に勇気づけられるなあ。

ところで、私はこの個展にでかけるため、久しぶりにおしゃれをした。カティエのクレイパックをして、ニュクスの化粧水で肌を引き締める。丁寧にお化粧をして、ドルチェ&ガッバーナのアイペンシルをひいた。普段めったにしないマニキュアも、細かなラメの入った赤いものを。そう、ここのところ化粧もろくすっぽできない荒れた忙しさが続いたものだから、おざなりになっていた私の中の女を、明るいところへ引っ張り出したのだ。普段、行動そのものがどちらかというと男っぽいため、つい私の中の女は後回しにされてしまう。でも、どんなに筋肉質でも、タフでも、私は女なのだ。自分の性を見くびってはいけない。そう思い、外側から女を誘い出した。これは決して異性を惹くための行為ではない。(最終的に惹くことになるのは、おおいに結構)自分が自分に惚れ直すための大事な行いなのだ。自分に惚れると書いて、自惚れ、というが、たまには惚れてやらにゃいかんよ。限りなく自分を突き放したところでの自己愛は、痛んだ自分をメンテナンスしてくれるから。

そんなわけで、自分の気に入ったものだけを身につけて出かけた個展。アニーの作品は、彼らしいエロスと、そのありあまる豊穣さをきちんと成り立たせるだけの上品なスタイルに溢れていて、瞳孔を通しても、私の中の女をメンテナンスしてくれました。

後日、アニーからメールが。「エミちゃん、あの日とても華があったよ。」と。ほら、久しぶりに日のもとへ引っ張り出された私の女は、それなりに光っていたようだよ。

真舘嘉浩ORGASMO展
 http://sateliteslab.com
* * * * * *
 WATERS/ORGASMO WORK Archives vol.01
 http://www.youtube.com/watch?v=be-snV7XOig


Photo1 :赤いマニキュア、クラシックだけどやっぱり女らしくて
    いいな。

2:アニーこと真舘嘉浩氏。私の一番お気に入りの作品前にて♡



  


posted by 猫沢エミ at 00:00| パリ ☀| ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

Johnbull プレスルーム訪問〜めざせ!ひとり内需拡大。


Quand la femme tient la barre de sa vie−猫沢エミライブ&トーク@TRAUMARIS
2010年11月7日(日)東京・恵比寿 ただいま、チケットのご予約絶賛受付中!
       →http://necozawa.seesaa.net/article/166163561.html


101027-1.JPG


101027-2.JPG




貧乏暇なし正念場デー、続いてます!というわけで、この日も朝も早くから打ち合わせに駆けずり回り、夕方、原宿のジーンズカジュアルブランドJohnbull(ジョンブル)さんのプレスルームへ初めてお邪魔する。

ジョンブルのジーンズを知ったのは、つい先日。天然生活の`ジーンズ座談会´撮影のときに、スタイリストの川上さんがセレクトした1本の中にあったのが、ジョンブルのサスペンダー・ワークデニムパンツだった。(撮影時には、料理家の山戸ユカさんが履かれた。とても似合っていてかっこよかった!)あまりに気に入ったので、その後個人的に手に入れて、今ではすっかりお気に入りの一本となっている。その際、プレスの上田仁美さんとやりとりをさせて頂いたら、なんと昔から私のことを知っている上に、しかも渋谷系の音楽方面からの入り口だと聞いて、意気投合。先日のボンズール3周年ライブにも来て頂いたのだった。それで、ぜひプレスルームにも遊びに行きたい!ということで、本日の訪問となった。

普段、スタイリストやモデルさん、ファッション誌や業界関係者のみが入れるプレスルームには、旬のコレクションがたくさんならんでいて、とても楽しい。笑顔で出迎えてくれた上田さんに、あれこれ服を見せてもらい、とっかえひっかえ試着させてもらう。欲しいものは、山ほどあった。プレスルームまで出かけたのだから、ぜひ両手に抱えきれないほどの服と一緒に帰りたかった。ところがそれが叶わぬ貧乏アーティストで心から申し訳なく思いながら、とてもかわいいオリーブグリーンの薄手のタートルを買わせて頂いた。ジョンブルはジーンズがもちろん主力商品だけれど、上物やアウター、帽子や小物もすごく素敵!甘すぎるファッションがどうも苦手な私には、とくに好みのものが多い。

ところで、ジョンブルのジーンズは、完全日本製品だ。日本のジーンズのメッカ、岡山で作られた確かな技術と心意気。当然、中国製品よりもお値段はするものの、丁寧な裁断や加工を見れば、これが破格であることがすぐにわかる。そして、履いてみて驚いた。はっきりとした哲学の下に作られた服は生き物である。だから、身につけた人の身体をすぐさま読み取り、それにぴたりと寄り添う。まるで10年前から履き続けていたジーンズのように、何食わぬ顔で撓(しな)うのである。

最近、自分の中で持っているひとつのテーマ`ひとり内需拡大´。まさに、こうゆう国産の心意気と技術が生きた品物を日本人の私が買うことだと思う。服は数などいらない。どんなに適当な買い物をしても、そのシーズンで気がつけば着回しているものって、数着だけだったりする。私の場合、ここ10年間でのワードローブは、ほぼ変わっていない。でも、考えて納得して買った物は古びず、飽きがこない。そしていいものは保つ。

妥協して10枚安い服を買うのは、もう辞めた。ならば1枚いい服を買った方が、その作り手のスピリッツも同時に身につける人の身体へ落ちる。だから、がんばって働きます。そうゆう、正しい買い物を続けるためにも。ひとり内需拡大を、日本人がそれこそひとりずつやっていったら、日本の誇るべき技術も精神も、そして経済も、もっと太い軸で成長してゆくはず。

Photo1. プレスルームにて。上田さんと、素でのめり込んでいる私。
    今、私が身につけている上下がジョンブルのもの。
    とても好みだわ〜。

   2 . Johnbull vol.14 カタログより。やべえ!かわいい!
     大好きなテイストです。





posted by 猫沢エミ at 00:00| パリ | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

`身につける物´と縁がない。


Quand la femme tient la barre de sa vie−猫沢エミライブ&トーク@TRAUMARIS
2010年11月7日(日)東京・恵比寿 ただいま、チケットのご予約絶賛受付中!
       →http://necozawa.seesaa.net/article/166163561.html

101026.JPG


先日のヒミコ船パーティーの後のこと。

その日していたリスの指輪をふと見て驚いた。リスの下にぶら下がっているはずのどんぐりが、ない。この指輪は、もうブランド名も忘れてしまったが、バリに引っ越した最初の年にマレにあるジュエリーショップで買ったものだ。こんなラブリーなデザイン、普段は買わないのだけど、下にぶら下がっているどんぐりに遊びが利いていて、同時ただのフランス語学校の留学生だった私には少々値のはるものだったけれど、思い切って買った思い出の品だったのだ。ちなみに目ん玉はちっちゃなルビーがはめ込まれている。あー…またか、と思う。
また、アクセサリーなんかの`身につける物´と縁がないなと思う。

大学生の頃、初めてまともにできたボーイフレンドに、生まれて初めてもらったクリスマスプレゼントがティファニーの人気シリーズ`ビーンズ´のシルバーネックレスだった。次の日、嬉しくて嬉しくて、小躍りしながらそれをつけて大学の研究室へ出かけた。ところが学校に着いたときには、すでにビーンズは身体を離れ、どこぞかへ消えてしまっていた。あまりのショックで発狂するかと思ったよ。そして、アパートと大学までの片道20分(大学は、徒歩圏内にあった。)をなんべんも往復して探しまくった。あいにく、その年はホワイトクリスマスで、ゆうべ降った雪が道ばたに積もり、捜索の手をさらに阻んだ。結局、ネックレスは見つからず、生まれて初めてのプレゼントは幻となってしまった。

その後、大学3年生のとき、私は両耳たぶにピアスの穴を開けた。なに、理由は簡単で、イヤリングを買っても買っても気がつくと落として無くしてしまうから、穴を開けてしまえばそう簡単には無くさないだろうと思ったのだ。ところが甘かった。パリのSurface to airというアートな雰囲気で大好きなセレクトショップがあるのだけど(その昔、私のマグカップも取り扱ってもらったお店)そこにアメリカのデザイナーが作っている(名前は忘れた)哲学のあるデザインのアクセサリーが置いてあり、その人の作品をいくつも買った。その中で、片耳タイプの`斧とスコップ´がぶら下がった真鍮のとてもいかしたピアスがあった。多分、意味は`斧で殺してスコップで埋める´だと思われる。(他には`鳥とピストル´のピアスや、`ピストルと手錠´のブレスレットを持っていた。)ある日、モトベカンに乗って凱旋門へ緊急の取材に出かけ、その足でMAC-graffitiのアトリエへ行ったのだけど、ヘルメットを脱いで一息入れたところで、メンバーのゴーコンが「おまえ、土建好きなのか?」と聞いてきた。は?何の事?「だって、おまえのピアス、スコップじゃん。」え?!鏡を見ると、いつの間にか斧だけがぶっちぎれてどこかへ無くなっていて、スコップだけがぶら下がっていたのだ。本当だ。スコップだけじゃなんの哲学もなし…ただの土建好きにしか見えない…。ちなみに`ピストルと手錠´ブレスレットは、ある夜、オベルカンフのクラブに遊びに行って、酔っぱらって手をぶんぶん振りながら道を歩いていたら、いつの間にかどこかへ飛んで行ってしまったらしい。

飛行機のトランジットで寄ったイタリアのマルペンサ空港では、ヴァンブで見つけたお気に入りの透かし彫りの指輪をトイレに置いてきた。気がついたのは飛行機に乗り込んでからのこと。指輪ひとつでイタリアまで引き返すわけにもいかず、そのままおさらば。(っていうか、引き返せないだろ。)今年の誕生日、友人にもらったパワーストーンのブレスレットに至っては、前回のパリのアパルトマンに到着して、さて荷解きするか…と思った瞬間にゴールドのチェーンが突然切れ、石がばらばらっと散乱した。世界一アクセサリーをプレゼントし甲斐のない女に、こんないいものをくれた友人に申し訳なくって、泣きたくなった。(これに関しては、石は無事なので、修理しようと思っている。)

しかし、ここまで装身具の類いと縁がないとはどうゆうことか?己の持っている悪しきパワーで壊れたり、離れたりしてしまうということか。今現在、すでに5、6回も修理に出しては同じところが切れてしまうピアスと根比べ中である。そういや、パリの親友よちこからもらったエヴァ・ゴズランのピアスももらった途端に片耳なくして、一個だけ買い直して、その後、無くしたり見つけたりして、ついに先日、片方が壊れた。そして自分で修理してつけて出かけたその日に、パーツが無くなっていた…。(もう、アキラメロ。と、よちこからはまさに諦めぎみで最後は言われた…)

ちなみに、アクセサリーだけではなくて、洋服の類いも、買ってしばらくもしないうちに、かならずどこかひっかける、シミをつける、穴が空く、などのトラブルが起きる。ただ、自分の行動が粗暴なだけという気もしなくもないが、逆に、新品ものに傷がついて初めて「ああ、自分のものになった。」というおかしなイニシエーション感があるんだなあ。

そうゆうわけで、私がダイヤモンドのショーメだのカルチエなど持っているわけがない。たとえ、それらを買うお金を持っていたとしても、こんな恐ろしい自分に何ができようか。なんて、書いちゃうと、将来私に素敵なジュエリーをプレゼントしてくれるかもしれない男たちを、現時点でゼロにしてしまう可能性が高いのだけど、前前から思っていたことなので、書いてみたかったのよね。ちなみに、パーカショニスト&素人料理好きの私は、つけててもすぐに外しちゃうという難点もあるんだよなあ。首長族の首輪、とか、アフリカのどこかの部族の下唇に皿を入れるだとか、そこまでプリミティヴで外したくとも外れないやつじゃないとだめなのかもなあ…。

Photo. リスだけだと、普通のかわいい指輪になっちゃうんだよなあ。
    何か自分で下のところにぶら下げてみようと思います…(涙)




posted by 猫沢エミ at 21:55| パリ | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。