2010年10月13日

プロゴルファー猫のパリ。

101013.JPG



今週末に、我がBonzour Japon3周年記念イヴェントライブが迫る中、同時進行で、こちらも1ヶ月後に迫ったパリ行きのもろもろブッキングなどに追われる日。

日本に数ヶ月いると、やっぱりパリが欠乏ぎみになるなあと素直に思う。が、同時に、あのいちいち面倒で生きるのにパワーのいる街へまた行くのか…今回のアパルトマンは、うまく見つかるだろうか…前回起きたバイク事故の後処理だの交渉だのをフランス語でやるのか、これまた面倒だ。などと、いくらでも面倒なことも思いつく。が、やっぱり、面倒なあの街が大好きだと思う。パリは、人生なんかそもそも面倒なものなのだ、ということをすんなり思い出させてくれる。そして、自家発電機能が動き出して、面倒なことをどんどん片付けてゆく自分自身に、またパワーをもらえる。

そういえば、前回5月に行った時は、ピキが亡くなってまだ悲しみ覚めやらぬ、精神的に最悪の時期だった。パリについて2、3日は、なんだか呆然としていたのを覚えている。ピキの小さな遺骨を丸いプラケースに入れて、大事に大事に愛でていた。「ピキ、あんたの暮らした街に、戻ってきたのよ。」そうして、夜はひとり寂しがりながらも、いろんな面倒なことが呼んでもいないのに、毎度のごとく押し掛けてきて、だんだん「こなくそー!」という普段の自分が戻ってきた。いや、反動からなのか、いつにも増してパワフルに活動しまくった。そして、帰国の頃には、日本をたったあの日のデスラー総督もまさに真っ青なブルーの自分はどこかに捨てられてしまっていた。

荒療治だなあと思う。パリの優しさは、いつも手荒だ。自分の傷を舐めて痛気持ちよがっている甘ちゃんには到底享受できるわけもない、もっと獰猛な、力強い治療を施してくれる。私はプロゴルファー猿のように(たとえがいちいち古くってごめん。笑)自分で削ったクラブを振り回し、昔の悲しみなんかホールインワンだぜ!と、かっとばして日本へ帰ってきた。

そんなパリにまた行ってくるかね。今回は、ひとつ大人になった自分を連れて。そして、やっぱりピキの小さな遺骨を連れて。セーヌ川なんかにピキの骨は流さないよ。あそこは、ただの川だ。パリはピキの第二の故郷だけれども、そんなことはしない。そんな自分勝手なメランコリックは、自分に許しはしないんだよ。だって、ママはプロゴルファー猫だもん。また、削り出しの自前のクラブで、いらないものかっとばしてくるよ。


Photo. je t'aime piki éternellement....



posted by 猫沢エミ at 00:00| パリ 🌁| パリ・フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

シリル・コピーニ〜エッフェル塔でも、もしくは秋葉原でもないフランス男。

100812.JPG


昼、飯田橋の駅の出口で、とあるフランス人男性と待ち合わせしていた。が、まんまと私が遅刻した。階段をかけあがったところに、その男性がいてこう言った。「コラ!遅刻しやがって。おまえ、フランス人かい?!」(笑)。と、言った男性こそがフランス人で、在日フランス人の中でもっとも仲の良いシリル・コピーニ。DJやイヴェンター、オーガナイザーとして活躍する一方、最近では、TVのバラエティー番組にも登場している。

博多弁を自在にあやつるシリルは、そこらそんじょの日本人よりもずっとニュアンスのある日本語の使い手。そのシリルと久しぶりにランチしようかということになった。「なに?!猫ちゃん。フレンチ食いたいとか言わんよな。」と、シリルが連れていってくれたのは、夜は居酒屋の定食屋さん。うわー、渋い〜。最近のフランスの音楽事情とか、仕事の話とか、あれこれの話題で盛り上がる。

ところで、なぜシリルと気が合うのかと言えば、それはシリルの日本での立ち位置と、私のフランスでの立ち位置がすごく似ているからなんじゃないかと思うのだ。立ち位置、というと語弊があるのかもしれない。それぞれの国に対してのスタンス、物の見方、と言った方が正しいかもしれない。たとえば、私のフランスやパリに対する物の見方は、自分なりのリアルさとフラットさがある。シリルの日本や東京の見方も同じく。「俺ってさー、日本人の女の子が想像する、いわゆるおしゃれでかっこいいフランス人じゃないやん?エッフェル塔でもないし、ラデュレのマカロンでもない。」たしかに。(笑)シリルは日本文化を深く理解して、その深部に、日本人と同じスタンスで努力して入ってゆく正しい姿勢を持っている。ここしばらく上方落語の師匠について、ずっと勉強していたそう。来年は高座にも上がる予定なんだとか。落語を勉強する外国人は他にもいるのだろうが、その部分のみならず、彼の普段のやりとりや姿勢を見ていても、日本かぶれで古民家に着物を着て住んでいる外国人や、アニメおたくで秋葉原に通うフランス人とも一線を画した`ハンディのない、あくまでも日本人と同じポジションで日本に暮らす人´というフラットな印象を持つ。これが、できそうでなかなかできない。

ちなみにシリルと日本語で話をしていると、「この人、ほんとにフランス人なのかしら?」と感じる場面がままある。日本人のように、言葉を控えたり、人の話をまずきちんと聞くところなんか。だけど、これがフランス語に切り替わると、やはりキャラクターがフランス人に戻る。当然と言えば当然なんだけど。私がフランスでこうありたいと思う姿勢を、シリルは日本でやってのけている。だから、彼とは時々互いが「こいつは本当に日本人(フランス人)なんだろうか?」などと思いながら、仲がいいんだろうと思う。お互いが持つ、二国の文化が互いの中でうまく交換されている部分も含めて。

Photo.「猫ちゃん、これ宣伝しといて〜」はいよ〜。笑
    
フランス・マルセイユ出身のヒップホップバンド`IAM´のジャパンツアーが決定!(リュック・ベッソンの『TAXI』にも彼らのラップが登場してます)
贔屓目なしで大注目!私も見に行きます!

 IAM(アイアム)JAPAN TOUR 2010 guest :Ovall
September 29th(Wed) Club Quattro Shibya
Open/Start 19 :00 Adv :3500 yen(+1d)
posted by 猫沢エミ at 00:00| パリ ☔| パリ・フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

プチット・マドモワゼルのLeçon 2

100811-2.JPG


現実逃避欲覚めやらぬプチ・ヴァカンス明けの水曜日。フランスの友人からは「南仏で20日間のヴァカンス中でーす♪」などのメッセージが送られてきたりして、むがーっ!日本国民であるっちゅうことは、生まれながらにして仕事奴ってことかい?!目に見えないカースト制度かい?!などと毎年恒例の憤慨。

ハンケチ噛んで悔しがっているところに、フランス語の生徒、プチット・マドモワゼルが梨を手みやげに2回目のレッスンにやっていた。お、そうだそうだ。私が叶えられないフランスの夏休みを、我が生徒が実現してくれるんだわ。悔しがることはない…と、さっそくレッスン開始。前回出した宿題を完璧にこなしてきた我が生徒。さすが若い脳は、吸収が早い!そして今日は、パリでの実践フランス語の初歩と、メトロの乗り方、地図の活用の仕方などを一緒に学ぶ。

10代で、自らパリへひとりで行くことを決めた我が生徒。バイトしておこづかいを貯めて、旅費を稼いだ彼女の心意気。初めて見るものの大切さは、私が誰より一番良く知っている。だから、できるだけ自力で、パリの良さに触れるためのコツを教えてあげたいのだ。ちなみに私が初めてパリに行ったのは、20歳の頃。彼女と同じく、初海外旅行がパリだった。その後、まさか自分がパリに住み、こんなにも人生に深く食い込んでくるとは想像もしなかったことだけど、やはり、そのファーストコンタクトの印象が、後の人生の選択に大きく関与しているんじゃないかと思う。
がんばれ、プチット・マドモワゼル。

レッスンの後、先日焼いたキャトルキャールに生クリームと桃を添えてのお茶タイム。「にゃんこ先生!これ、すごくおいしい。」そうかそうか、よかったよかった。これはね、フランスのパウンドケーキなんだよ…私が教えるのはフランス語だけじゃない。それを使う人たちの文化や、その他のあらゆる素晴らしさも一緒に。どの分野でも良い先生とは、そうあらねばならぬと思うのだ。

posted by 猫沢エミ at 00:00| パリ | パリ・フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。