2014年03月22日

ピキへ。ママから4回目の手紙。


PTINTANIA-プランタニア/Emi NECOZAWA & Sphinx ワンマンライブ 
2014年4月11日(金)@渋谷gee-ge
只今絶賛ご予約受付中!どうぞお早めに♡



ピキ2.JPG


ピキ、久しぶり。元気にしていますか?とはいえ、ピキはいつもママのお部屋の祭壇にちょこんと座っているので、姿は見えなくても一緒に暮らしているのと同じなんだけど。天国なんてあるのかどうかわからないし、行ってみたら意外と風呂なし4畳半の狭いお部屋かもしれないから、無理に行くことないよ。ママが死ぬとき一緒に行けばいい。


ところで、このお手紙を書くときは、Vashti Bunyanを聴いています。このアルバムはピキのお葬式でかけたCDなんだけど、普段は聴けないんだよね。涙が出てきちゃうからさ。でも、毎年の命日は泣いてもいいって思ってるからかけるの。たくさん思い出してたくさん泣くと、その後は幸せだけが残ります。ピキが13年と11ヶ月生きてママにくれた数えきれない幸せが、目の前でぴょこぴょこ踊るんだよ。ありがとうね。

弟たちも元気に大きくなってるよ。男の子ってシンプルで可愛いね。だけど、男の子のママになってわかったことは、あなたはやっぱり女の子だったなということ。神経質で気難しいところもあったけど、細やかな愛情表現は女の子ならではだったと思います。ピキ、あなたは本当に可愛かった。


最近のママといえば、あいかわらず自分のことはまだまだダメだなあと思うことが多いけど、がんばっています。ムダに焦って動きが雑になるのは前からだったけど、そうゆういらいらした動きにはいらいらした空気がつきまとってて、周りの人にも伝わっちゃうから、ひとつひとつの所作を丁寧におっとりするように心がけているんだよ。お皿を重ねるとき、ドアを閉めるとき、ほんの少し優しい気持ちになって丁寧にするんだ。そうすると、気持ちが落ち着く。気持ちががちゃがちゃしていないと、すっと集中できてお仕事も不思議とはかどるよね。がちゃがちゃするのは、時間がない!っていう心配からきているのだと思うけど、そんなところで1秒稼いだって意味ないものね。時間は伸び縮みするものなんだなって、ほんと思います。

あとは、何かに没頭するとママはまわりが見えなくなっちゃうじゃない?だけど、それじゃいけないなと思って集中と気遣いの切り替えスイッチのすべりをよくするように、ちょこちょこ油をさしてメンテナンスすることにしました。それは、やっぱりちゃんと寝るだとか運動するだとか、息抜きを上手にしてもっと人生そのものを楽しめるように心に余裕を作ることなんだと思った。ほら、ずっとそうゆう気持ちになれないくらい大変な時期があったじゃない?生きてるとほんと、いろんな時期があるからさ、それは仕方がないと思う。でも、そうゆう時期を抜けたらさ、せっかく大変な時期をくぐり抜けてきたんだから、その経験を身体に落とし込んで、もっと楽しんでいいんだと最近やっと思えるようになってきました。


ピキ。今も会いたいし、あなたと同じくらいの歳でまだ元気に生きている猫を見ると、どうしてもっと長生きさせてやれなかったのかと涙が出ます。だけど、ゴミ箱からあなたを救い出して一緒に生きた年月を思うと、そのヴァリエーションの豊かさにママはくらっとします。最後にはEUのパスポートを取って、あなたはフランス猫のパリニャンヌとして天国へ行っちゃったわけだし。

ピキ
ピキ


愛してるよ。



●ピキとの日々を綴った『猫と生きる。』(辰巳出版)
 ぜひ読んでみてください。







posted by 猫沢エミ at 13:27| パリ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

Bathガス爆発


PTINTANIA-プランタニア/Emi NECOZAWA & Sphinx ワンマンライブ 
2014年4月11日(金)@渋谷gee-ge
只今絶賛ご予約受付中!どうぞお早めに♡



今朝はマンションの消防点検中にエラーが生じて、全館のガスが午前中いっぱい止まるという珍事があった。ガスと言えば思い出さないわけにはいかない憂鬱な記憶が多々ある。Mixi日記時代から私のブログをご覧になっている方や、近しい友達には再読感の強い話で恐縮なのだけど、自分の記憶メモとしてもここに記しておきたい。


私が生まれた昭和40年代、我が家にはお風呂がなかった。貧しくて…という経済的な理由からではなく、ただ単に「作り忘れたのだ。」と後に父は語っている。忘れる?風呂を?なぜ?!と思われるかもしれないが、あの家の人ならば風呂を作り忘れるくらい朝飯前だということは、「毛考」をお読み頂ければあっという間にご理解できよう。実家は1階で商売を営んでおり、店鋪併用住宅という店鋪が最優先に作られた実におかしな間取りをしていた。当時、まだうちの田舎では珍しかった鉄筋コンクリート3階建て。3階にはBBQもできそうな広いベランダが作られた。そのベランダの一角に、ある日突然風呂場が出来た。祖父母の寝室の横に設えられた先祖代々の写真がずらりと並ぶ仏間に、トイレと風呂場が無理矢理とってつけたように作られてしまった結果、巨大な仏壇がそびえる仏間が自動的に脱衣室とならざるを得ず、鈴(仏壇にあるちーんという鐘)を巨大にした磬子(けいす)は脱衣籠に成り果てた。マリー・アントワネットはオーストリアからフランスへ腰入りする際、糸一本すらオーストリアのものをまとってはいけないと、国境近くの川縁でパンツまではぎ取られて素っ裸にされた逸話が有名だけれども、「アントワネットもこんな気持ちだったのかも…」と、毎晩仏さまの前で一糸まとわぬ姿になりながら、子供心に一方的な親近感を覚えたのは言うまでもない。

ところで風呂を作り忘れるような家人たちが作る風呂とは一体どんなものだったのか?一瞥すると風呂の入り口は子供の勉強部屋の木製ドアとなんらかわりがない。木目合板のドアを開けるといきなりそこは風呂。しかも正面には巨大な透明ガラスがはめ込まれた窓になっていて、外から丸見え。(補足:風呂場が作られた当時は、まわりに高い建物がなく人が覗き見る心配はなかった。しかし数年後にはどんどんビルが建てられ、特に女性陣はエデンの園にて呪われた蛇が地を這うように入浴することを強いられた)その窓の手前に、当時とはしてはこれまた珍しかった西洋風の底が浅くて長い寝そべり型のバスタブが導入されていた。風呂はどんなにお湯をためても浅く、肩までお湯に浸かるには寝そべった形で定員一名。おかあさんと一緒に入れば2人とも半身浴に甘んじることとなる。まったくくつろげない、まったく温まれない。喜んだのはこのバスタブの導入を決定し、珍妙な風呂場を独断で設計した父だけである。彼は映画『ゴッドファーザー』に心酔し、ドン・コルレオーネを誰よりも崇拝するエアーマフィアだった。「俺は朝日を眺めながらこのN.Y Cityで(実際は福島です)酒の風呂に浅く溺れるのさ…」かくして何もかもがとんちんかんな猫沢家の風呂場は生まれた。しかし本当の悲劇はこれからなのであった。


ある週末の晴れた午後のこと。私は仏間兼脱衣室横の祖父母のベッドに寝転がり、漫画を読んでいた。そこへ、数日前から居候をはじめた叔父のHがいそいそとやってきてこう告げた。「今夜はボクがお風呂を沸かすよ。」叔父は奥さんが出産のために実家へ戻ってしまったため、ご飯に難儀し、しばらく兄の家である我が家に住み暮らすこととなったのだ。彼は市内の公立高校で物理を教える傍ら、民間の物理学者として数々の賞を受賞している一族には大変貴重な数少ない真人間だった。風呂場の手間にある巨大な旧式のガス給湯器前で、なにやら首をかしげる叔父を横目に漫画を読み続ける私。ダイヤルをカチっカチっとひねる音と共に、叔父の「あれー?おかしいな。」という台詞が聞こえた。「これ、壊れて…」という叔父の第二声が終わるか終わるや否や、どっかああああああああん!!……ものすごい爆風が押し寄せ、かろうじてベッドの高い背もたれに守られた私のちいさな身体は無傷で済んだ。あたりには白い煙がもうもうと立ち上り、なにひとつはっきりと形をとらえることができない。その煙の中から、「ごほっ…ごほ…」という弱々しい咳払いと共に、コントでよく見る“化学実験室で大爆発。博士、髪の毛逆立つ。”を体現した叔父がぼろぼろの衣服と共によろけながら現れた。私は彼に向って大丈夫?!…と心の中では叫んでいたのだと思う。しかし口から出た第一声は「叔父さん…似合う!」であった。そう、彼は専門が物理ではあったが化学にも精通していて、白衣とフラスコで実験室にいる姿は馴染みのあるものだったのだ。そこへ人生最大のオチであるリアルガス爆発が舞い降りた。なんておいしいんだろう。全部持っていきやがった叔父さん…はっ ?! そんな場合か。そうこうしているうちに下の階からどやどやと大人が押し掛けてきて、叔父は救急車に乗せられ病院へ搬送されてしまった。ここまで読んだ貴方は、子供らしからぬ私の心持ちを不快に思われるかもしれない。だがしかし、それにはちゃんとした理由がある。叔父の爆発は猫沢家のガス爆発史上たしかに最大級のものではあったが(父自慢の全面ガラス窓も吹き飛び、風呂場および周辺は多大な被害をこうむった)それまでにも数年という短いサイクルで、すでに二度爆発を起こしていたため、ある意味爆発慣れしていただけだった。被害者は母と母に背負われた幼少期の弟。このときも病院送りと相成った。


さすがに叔父の爆発時には、それまで放置していた(するなよ…)爆発原因の究明が行われた。普段、風呂を沸かす係は祖父だったので、祖父の風呂沸かしの方法を詳しく問いただしてみたところ、彼の方法ではガスタンクの中に微量ながらガス漏れが生じて、それがある日溜まりに溜まったところでどっかん行くことが判明した。ちなみに恐ろしいことに、ほぼ365日風呂を沸かしてる祖父は今まで一度もガス爆発に遭ったことがない。彼が爆発原因を毎日作りながら、ある日ふと「私沸かすね♡」と名乗り出た家族の別の者が犠牲者となるのだ。その恐るべき災難回避運の強さ!奇跡的な確立の上に祖父のガス爆発未経験は成り立っていた。

「家の風呂というものは爆発するもの。」という概念が世間では通用しない間違ったものだと判ったのは、上京してこの話を大学の友達へ話したときだったと思う。「(風呂で清潔になるという)リスクなくして快感は得られないのが人生かと思っていたよ。」そう笑顔で話す私を、友達は遠い目をして「...これからはなるべく爆発しない人生を送ろうね。」との優しい言葉をくれた。


今朝方の緊急ガス停止、それにともなうセンサーのアラーム音に動悸が激しくなり、半パジャマのまま1Fの管理室へ駆け下りた私の行動の裏には、こうしたトラウマが少なからずあったのかもしれない。しかし、どんなに気をつけていても人生、爆発するときは爆発する。それはガスに限らず、芸術も寝起きの髪の毛も、才能もしかり。


エクスプロージョン・イン・マイ・ハート。さ、仕事という名の爆発現場に戻ります。







posted by 猫沢エミ at 15:54| パリ | 猫沢家の人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

PRINTANIA-プランタニア/Emi NECOZAWA & Sphinx LIVE


独自のジャズ・コンボスタイルを展開するEmi NECOZAWA & Sphinx。4ヶ月ぶりとなるワンマンは、今やSphinxのホームグラウンドとなりつつある渋谷gee-geにて!ライブを重ねるごとに深く高く編み上げられるグルーヴの妙。未体験の貴方にはぜひ、春の幻を見て欲しい。当日は《プランタニア〜春》をイメージさせるこの日限定のスペシャルフード、定番Sphinxが鎮座したオリジナルカレーも登場!ご予約はどうぞお早めに♡

Sphinx Photo gee-eg 20140411 grand.jpg

Photo:mobiile,inc.コピーライトマーク


“PRINTANIA-プランタニア/Emi NECOZAWA & Sphinx”
 2014.4.11 (金)
 open 19 :30 start 20 :00
ticket :予約−¥3,500(1 drink 込)当日−¥4,000(1 drink 込)

 
《Shibuya gee-ge》
東京都渋谷区宇田川町3-10 フィエスタ渋谷4F
tel :03-6416-3468 fax :03-6416-3469
http://gee-ge.net/

Info / tel : 03-6416-3468 (Shibuya gee-ge)
   citronplus7@gmail.com へメールにてお問い合わせください。

出演:Emi NECOZAWA & Sphinx-G.円山天使 Key.坂和也 Acc.田ノ岡三郎
   Dr.末藤健二 Wb.岩見Guru継吾 Sax&Fl.渡邊勇人 Vo&Per.猫沢エミ

Guest DJ:三浦信


currie.JPG



《チケット予約受付開始について》

2014 年3月14日(金)お昼の12:00よりcitronplus7@gmail.comへのメールにて予約受付を開始します。

■上記の予約開始時間を必ずお守りください。
この日時より前のお申し込みはすべて無効となります。

《ご希望の方は》

●氏名
●住所と郵便番号
●電話番号(連絡のつきやすいところで)
●E-mail アドレス(なるべくPCのE-mailアドレスで)
●ご希望のLive名
●ご希望枚数
 
以上を明記の上、
citronplus7@gmail.comまでお申し込みください。
*くれぐれもアドレスはお間違えのないように、ご注意ください!

■上記のうち、1つでも情報が欠けますと予約を完了することが
できませんのでご注意ください。

■予約手続き完了後、ご予約の内容を確認するため、
こちらからご確認のメールをお送りします。
尚、確認メールは頂いてから返信までに2,3日かかることがございます。
万が一、メールを出してから1週間以上経っても返信がない場合は、
なんらかの問題により、メールが届いていない可能性がありますので、
お手数ですが再度お送りください。

■当日のご入場は、来場順となりますので(チケットが取れた順番ではございません)
 あらかじめ、ご了承のほどお願い致します。

《キャンセル・変更について》

キャンセル・変更はライブ前日の、4月10日(木)18:00まで
citronplus7@gmail.comにて随時、受け付け致します。

■ご変更の場合、その内容を必ずご明記ください。
 ご予約同様、内容の変更確認が済み次第、確認のメールをお送り致します。

■尚、4月10日(木)18:00以降と、当日のキャンセルはいかなる理由でもできませんのでご注意ください。

■4月10日(木)18:00以降と当日のキャンセルの場合、
後日こちらからご請求書をお送りし、指定の口座へお振込み
をお願い致しますことをあらかじめご了承下さいませ。
大変お手数ですがキャンセル・変更の場合、
必ずご連絡くださいますようお願い致します。


《チケットのお支払い》

■当日、入り口にてお支払いください。

《当日チケットについて》

■現時点では未定です。

《当日のご入場について》

■今回のライブはチケットのご予約の順番に関係なく、
OPEN時間よりご来場いただいた順での入場となりますので、
あらかじめご了承のほどお願い致します。

■このライブは、一部のかたが着席できない場合があります。
 良いお席でご覧になりたい方は、くれぐれもお早めの
 ご来場をお勧め致します。また、妊婦さん、ご病気の方は
 優先的にお席をお取りしますので、ご予約の際にメールにて
 お申し出ください。

■駐車場のご用意がございませんので、お車でお越しの方は近隣のコイン・
パーキングをご利用ください。また、当日は酒類の販売がございますが、
飲酒をご予定の方のお車でのご来場をかたくお断り申し上げます。

●チケットのご予約・変更・キャンセル
citronplus7@gmail.com
*くれぐれもアドレスは、お間違えのないように。


posted by 猫沢エミ at 00:19| パリ 🌁| ライブ最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

恐ろしいけれど知らなくてはいけないこと



今朝からごはんも喉を通らないのでブログを書く。今、私は人間としての罪深さや使命感を感じて激しく動揺している。きっかけはパリ在住のミュージシャン友達、マイア・バルーちゃんのFBに上げられた中国における熊の胆汁採取の恐ろしい実体リポートと、それを止めさせる情報拡散および署名についてだった。


昨年5月に出版した『猫と生きる。』のフランス取材時にも、それにからんだヨーロッパにおける様々な動物虐待の事実を知り、戦慄した。コーディネーターをつとめた普段はファッション業界で働いている友人が教えてくれた事実も多かった。「私はこうゆう世界で働いていて、自分が流通させている物に対して責任があると思うからさ、毛皮がどんな風に採取されているのかを恐ろしいけれど、調べていろいろ見てみたら本当に残酷すぎて気が遠くなった。それでも見なくてはいけないと思って。」そう話した友人が見たものとは、フォックスの毛皮を美しいままに採取するため、時たま棍棒で頭を殴って気絶させながらきつねの生皮を生きたまま剥ぐという恐ろしい映像だった。毛皮と一口に言っても、まだ人道的な方法で殺されて剥がれるものもあるという。しかし、そもそも毛皮は必要なのか?イギリスのデザイナー、ステラ・マッカートニーが言った「着るものは他にもいくらだってある。毛皮を着なければいけない理由はどこにもない。」という言葉が脳裏を離れない。その通りだ。イヌイットがアザラシを食糧として採取し、極寒の地で二次利用する文化的、気候的な理由ならば納得がいく。けれど、暖房設備が整った私たちの世界で、おしゃれだから、ゴージャズに見えるからという安易な理由で流通する毛皮は、ただ死体の一部でしかない。そんなものを身につけて人格が上がると勘違いすることが、果たして本当にファッションなのか?文化と片付けられるのか?


パリの7区に『デイロール』という老舗剥製店がある。狩猟文化のあるヨーロッパにおいて、裕福層を中心に栄えてきたお店だ。ここへ、私が編集長を務めるBONZOUR JAPONの取材で入ったことがある。何よりもまず最初に、デイロールの担当者へ投げかけた質問は「これらの動物をどう確保しているのか?」だった。返って来た答えは、「事故や病気、なんらかの理由で自然死した動物のみを学術的な理由で剥製にしている。」というもので、ほっと安心した。それならば、彼等を美しく素晴らしい技術で蘇らせ、第二の命を与えることは意義があると思えたからだ。フランスの動物園、その他動物がからんだ私的および公共団体にはとても強い動物保護活動の信念が伺える。それは、先にも書いたヨーロッパにおける楽しみだけの狩猟文化と毛皮の採取という黒歴史に対する、償いと弔いがあるのだと思う。

近年盛んなシルクドソレイユなどの動物を使わない人間技のみのサーカス集団も、本来芸など覚える資質をもっていない動物に無理矢理電気ショックを与えて言うことをきかせる伝統的なサーカスの虐待に対し社会批判が巻き起こり、衰退してゆく現状の中で見出した新しい活路だと言っていい。サーカスで心も身体も破壊された動物を引き取って、終生面倒を見るフランスにおける創立最古の動物保護団体『フォンダシオン・アシスタンス・オザニモー』の取材時には、その一貫した活動に深い感動を覚えた。方や芸術的な馬芸で見せるジンガロなどは、もともと仕事をする馬の資質をそのまま芸術の域まで高めたものといえる。なんでもかんでも一緒くたにして批判するのは逆に危険だから、『動物本来の姿、資質はなんであるのか』を忘れずに、なくすべきものを知る必要がある。


とにかく、動物実験を行わねば作れない化粧品など私はそもそも使いたくないし、動物に限らず、迫害、拷問といった類いのものを激しく嫌悪している。そして、見てしまった中国における熊の胆汁採取の恐ろしい実体。長期間の苦しみ、残虐さは毛皮採取の非ではないと判断する。なぜこんなことが出来るのか?こんなことをして、精神を病まずに日常が送れるのか?人間の中には悪魔が同時に住んでいると思わざるを得ない。それは、第二次世界大戦下のナチスによるユダヤ人迫害をどうしても思い出させてしまう。ガス室で大量の人間を殺したという事実以外の恐ろしい人体実験について。(ナチスのみに限らず、日本でも第二次世界大戦下陸軍に存在した、恐ろしい“731部隊”がある。)人間を狂わせるのは教育のなさと、こうした戦時下によく見られる集団心理だ。そう、人間は教育されなければなんのルールも持てない最悪の生き物であり、一旦教育されたものでも、大きな思想に取り込まれればあっという間に同化する弱い生き物でもある。それは、他ならぬ自分もそうなのだという自覚が私の中にはいつもある。他人事ではない。どこかに暮らす頭の悪い、魂の腐ったやつがやらかした所業ではなくて、自分が人間である以上、自分にもその可能性がまったくないとは言いきれない。だから、こうした恐ろしい事実に出くわすたび、私はまるで自分がそれに加担してしまったかのような罪の意識を感じる。そして、動物に対して人間の同朋がしている罪を阻止しようと真剣に考えるのだ。


見るのは辛い画像とルポルタージュではあると思う。全部読めとは言わない。けれど、どうしてもこの事実を知って欲しい。そして、このことに憤りを感じたら署名をして欲しい。署名は英文フォーマットだけど、とても簡単で誰にでも出来るものです。どうか、どうか、ひとりでも多くの方に署名して頂きたい。
今、これを書きながら深々と頭を下げてお願いしています。

●中国における熊の胆汁採取の実体と反対署名
http://ameblo.jp/happycat-satuki/entry-11760967959.html






posted by 猫沢エミ at 15:14| パリ 🌁| なんてことない日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

『春菊猫夜会』〜内田春菊×猫沢エミ トークショー@新宿・BAR星男



Loopcafe•Collage presents- 2013大忘年会交響楽-2013年12月29日(日)
仙台Neo Brother Z

Emi Necozawa & Sphinxフルバンドライブ!スペシャルDJに小西康陽氏♡




emi yupiga.jpg

コピーライトマークmobiille,inc. Rika Wada

Shungiku Uchida petit.jpg


2014年の幕開けは、漫画家・女優・作家など多才な活動を続ける内田春菊さんと、今年5月に新刊『猫と生きる。』を上梓したミュージシャン・猫沢エミのトークショーから。女性として人生の岐路に立ったとき、ふたりは何を選び、何を選ばななかったのか?
それぞれの新著から見えてくる“今、思うこと”を幅広いテーマでお送りします。ぜひこの機会をお見逃しなく!


●『春菊猫夜会』〜内田春菊×猫沢エミ トークショー@新宿・BAR星男

日時:2014年1月18日(土)
   open 20:00~ start 21:00~

ticket: ¥1,300(入場チャージ/¥600+1 drink/¥700)
*ticketは最低料金が¥1,300で、選ぶお飲物によって
     変わることをご了承ください。

出演:内田春菊(漫画家)× 猫沢エミ(ミュージシャン)

    内田春菊さんオフィシャルブログ
   http://ameblo.jp/shinshungicu/

   猫沢エミオフィシャルFBページ
   https://www.facebook.com/necozawaemi

会場:BAR 星男(hoshio)
   新宿区新宿2-6-8 小澤ビル1F
   tel:03-5379-6066
   https://www.facebook.com/barhoshio

* チケットの予約受付・販売などはありませんので、当日直接会場へお越しください。
 混雑が予想されますので、よいお席でご覧になりたい方は早めのご来場をお勧めします。
当日は出演者の新刊の販売、サイン会もあり!






posted by 猫沢エミ at 18:41| パリ | アノンス最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする