2013年08月08日

メールは難しい。

Pyramid en plein été ”-真夏のピラミッド/Emi NECOZAWA & Sphinx 2013年8月9日(金)渋谷gee-ge♡チケット直前までご予約中!


130808.JPG



“20年くらい前”が、ついこの間のように感じる年齢になったものだなあと思いつつ。

ほんの20くらい年前まで、人間にとっての主立った意志伝達ツールは【会う・電話・FAX・手紙】の4つしかなかった。そこへパーソナルコンピュータなるものが現れ、メールといういつでもどこでも送れる便利なツールが生まれて、人間社会のコミュニケーション手段は鮮やかな変貌を遂げた。

書き損じて紙を捨てることもなくなり、到着までの時差も計算にいれずに済み、遠方に暮らす人や、しょっちゅうは会わないけれども大切な人とのやりとりが、前よりもずっとスムーズにできるようになった。それなのに、メールを介した人とのやりとりに問題が起らないか?といえば、そんなことはひとつもない。それどころか、メールが現れる以前よりもずっとコミュニケーションに関する問題は増えたように感じる。


メールは難しい。日々、メールを仕事の手段として使っている人ならば痛切に思うことではないだろうか?私も苦い経験多数。先方から頂いたメールを特に夜中、疲れているときに読んでしまえば失敗率は格段に上がる。なぜか責められているような、せかされているような読み方をして感情のままに返信をすれば、とたんにいらぬ誤解へと発展する。冷静にそのメールを翌朝読み直してみると「あ、なーんだ。」となることはよくあるのに。この真夜中のラブレター現象でなくとも、手書きの手紙よりもメールはずっと読み手側の感情に添うところがある。

本来、手紙・メールは書き手の意志や情報を形にしたもので、読み手の受け取り方が優先されるものではない。手紙の場合は、その人の書き癖や書き迷った時間の流れ、気持ちを映そうとする懸命さが文字そのものに現れているから、読み手の余計な感情が入り込む率が低くなる。ところがメールの平面的な様相は、たとえるならばミラーコートの紙のようなもので、その文面が整っていればいるほど、書いてあることの真意が見えなくなり、逆に反射する文面に自分の顔が映りこんでしまうといったところか。


ここには日本語そのものの難しさも手伝う。主語が「私」「俺」「僕」など、相手の立場によって変化する言語は、世界中の言語を見渡しても珍しい。女性、男性、子供など、立場によって変わる語尾もしかりだ。これは、日常の表現においてジェスチャーや表情に乏しい日本人が、可能な限り言葉だけですべてのことを伝達しようと務めた結果ではないか?それでも、実際に会って話をしていれば、その人の表情や声色から何を伝えようとしているのかはすぐにわかる。もともと恐ろしく情報量の多く難しい日本語を、形式にのっとったメールで平面化してしまうと、とたんに「本当は何を考えているのか?」がわからなくなる。そこへ読み手の、その瞬間の感情が映されてしまうのだ。どうとでも取れるメールの文章に勝手な解釈がのったとき、いらぬいざこざは生まれる。


日本語のメールの達人になるには「書き」ではなく「読み」なのだと私はいつも思う。自分の感情を常に横へスライドさせて、書いてあることの真意だけを読み解こうとする気持ちが。それでも真意が見えないとき、自分の感情が相手のメールへ馬乗りになってしまうときは電話をかける。

それにしてもいつも思うのが「パソコン、メール、携帯電話が生まれたことで破談になった仕事や恋や人間関係の数と、それらが生まれなかったことでダメになった数のどちらが多いんだろう?」について。多分、答えは五分五分。そこに不完全で愛らしい人間本来の限界と、未知の可能性の両方が横たわっている。



Photo:仕事の請求書や資料送付のときには、かならず一筆箋での短いお手紙を入れている。愛用しているのは銀座・鳩居堂のもの。習字を長くやっていたせいか、縦書きでないときれいな字が書けない。時には筆を使って書くことも。






posted by 猫沢エミ at 16:23| パリ 🌁| なんてことない日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

“Pyramid en plein été ”-真夏のピラミッド/Emi NECOZAWA & Sphinx LIVE


お待たせしました!音の女神を背中に乗せて、世界を旅するEmi NECOZAWA & Sphinx、待望のワンマンライブin 渋谷gee-ge。2012年の1st Album発売以降、超絶セッション&独自のJAZZスタイルで音楽ファンを唸らせたあの感動が再び蘇る!クールな新曲もお披露目します。ぜひこの機会をお見逃しなく!当日は、《真夏のピラミッド》にちなんだスペシャルフードも登場。一夜限りの真夏の夜の夢を、ぜひSphinxと共に見ましょう。

Sphinx band アー写Petit.jpg

コピーライトマークmobiile/Rika Wada,Yusuke Komiyama


● Pyramid en plein été ”-真夏のピラミッド/Emi NECOZAWA & Sphinx
 2013.8.9 (金)
 open 19 :30 start 20 :00
ticket :予約−¥3,500(1 drink 込)当日−¥4,000(1 drink 込)
 
《Shibuya gee-ge》
東京都渋谷区宇田川町3-10 フィエスタ渋谷4F
tel :03-6416-3468 fax :03-6416-3469
http://gee-ge.net/
-Access
http://www.gee-ge.net/access/



Info / tel : 03-6416-3468 (Shibuya gee-ge)
   citronplus7@gmail.comへメールにてお問い合わせください。

出演:Emi NECOZAWA & Sphinx-G.円山天使 Key.坂和也 Acc.田ノ岡三郎
   Dr.末藤健二 Wb.岩見Guru継吾 Sax&Fl.渡邊勇人 Vo&Per.猫沢エミ

DJ:三浦信


《チケット予約について》

■2013 年7月16日(火)お昼の12:00より、 citronplus7@gmail.comへのメールにて予約受付を開始します。

■上記の予約開始時間を必ずお守りください。
この日時より前のお申し込みはすべて無効となります。

《ご希望の方は》

●氏名
●住所と郵便番号
●電話番号(連絡のつきやすいところで)
●E-mail アドレス(なるべくPCのE-mailアドレスで)
●ご希望のLive名
●ご希望枚数
 
以上を明記の上、
citronplus7@gmail.comまでお申し込みください。
*くれぐれもアドレスはお間違えのないように、ご注意ください!

■上記のうち、1つでも情報が欠けますと予約を完了することが
できませんのでご注意ください。

■予約手続き完了後、ご予約の内容を確認するため、
こちらからご確認のメールをお送りします。
尚、確認メールは頂いてから返信までに2,3日かかることがございます。
万が一、メールを出してから1週間以上経っても返信がない場合は、
なんらかの問題により、メールが届いていない可能性がありますので、
お手数ですが再度お送りください。

■当日のご入場は、来場順となりますので(チケットが取れた順番ではございません)
 あらかじめ、ご了承のほどお願い致します。

《キャンセル・変更について》

■キャンセル・変更はライブ前日の、8月8日(木)18:00まで、
citronplus7@gmail.comにて随時、受け付け致します。

■ご変更の場合、その内容を必ずご明記ください。
 ご予約同様、内容の変更確認が済み次第、確認のメールをお送り致します。

■尚、8月8日(木)18:00以降と、当日のキャンセルはいかなる理由でもできませんのでご注意ください。

■8月8日(木)18:00以降と当日のキャンセルの場合、
後日こちらからご請求書をお送りし、指定の口座へお振込み
をお願い致しますことをあらかじめご了承下さいませ。
大変お手数ですがキャンセル・変更の場合、
必ずご連絡くださいますようお願い致します。


《チケットのお支払い》

■当日、入り口にてお支払いください。

《当日チケットについて》

■現時点では未定です。

《当日のご入場について》

■今回のライブはチケットのご予約の順番に関係なく、
OPEN時間よりご来場いただいた順での入場となりますので、
あらかじめご了承のほどお願い致します。

■このライブは、一部のかたが着席できない場合があります。
 良いお席でご覧になりたい方は、くれぐれもお早めの
 ご来場をお勧め致します。また、妊婦さん、ご病気の方は
 優先的にお席をお取りしますので、ご予約の際にメールにて
 お申し出ください。

■駐車場のご用意がございませんので、お車でお越しの方は近隣のコイン・
パーキングをご利用ください。また、当日は酒類の販売がございますが、
飲酒をご予定の方のお車でのご来場をかたくお断り申し上げます。

●チケットのご予約・変更・キャンセル
citronplus7@gmail.com
*くれぐれもアドレスは、お間違えのないように!







posted by 猫沢エミ at 18:51| パリ | ライブ最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

「ぜんぶは無理だ。」


LA VIE AVEC UN CHAT et LA MUSIQUE- Kyoto,Wakayama,Tokyo
2013年7月12 日(金)京都、13日(土)和歌山、14日(東京)
Emi NECOZAWA & Sphinx Trio ライブ&トークイヴェント♡チケット絶賛ご予約中!


珈琲.JPG



じゃーん、7月になりました。夕べのTwitterのタイムラインには、日本人らしい「もう今年も半年も過ぎちゃったよ!どうしよう」なんていう、ネガティヴな発言が多く見られて、その真面目さが愛らしいなあと思った。私なら逆の発想でいきたい。「あと6ヶ月もあるよ!神様は6日間で世界を作って、残りの1日はお休み取ったってよ。6ヶ月もあったら自分の人生丸ごと変えることも可能だ。」と。これは大げさなたとえではなくて、本当に1週間あったら、不可能が可能になることはよくある。それは、今まで何度か経験してきたことなので、あながちホラではない。だけど、「全部いっぺんに、いつもいつもそれをやるのは無理。」なのだ。

今朝、目が覚めたとき、私はちょっと焦っていた。抱えている作曲の締め切りも目の前。ライブの仕込みも佳境だし、それが終わったらボンズールの入稿。新しい仕事の取材もまもなく始まる。それ以外にだって、形にしたいことが山のように積まれていて、今年の夏中にそれが終わるかどうか…。ふと、ぼんやりと不安な気持ちのまま、Twitterを覗いてみたら、糸井重里さん主催の『ほぼ日刊イトイ新聞』にある、糸井さんの日々のショートエッセイ“今日のダーリン”に、ものすごく腑に落ちるいいことが書いてあって、それはあんまりにもいいことだったので、私は今日予定していた事柄ひとつを明日に回して、これを書こうと思った。


少し引用させて頂く。

「ぜんぶは無理だ。って当たり前のことなのに、できている一つ二つのことよりも、やれてないことのほうを勘定してしまう。〜だからいつでも落ち着けなくて、しかも宿題に追われているような気分が抜けない。〜まずは「ぜんぶは無理だ」、そして順番をつけること、決めちゃったらその順番で取り組むこと。堂々と、自信家のようにふるまい、じぶんで決めた順番にしたがって平然と休むこと。」


思えば『猫と生きる。』を発刊するまでの私の数年間は、仕事、仕事、そして仕事の日々だった。本を読んでくださった方々にはもうおわかりかと思うが、経済的な問題と心の立て直しが、“私の決めた順番の一番最初にくる事項”で、その他のことは二番目以降だった。それは、普通の人が1週間くらいの短いタームで組む順番を、2〜3年の長いスパンで組んでいたため、一日休みが取れた後、次のお休みは数ヶ月後...という非人間的なことになってしまっていたと思う。元来のムダに真面目な性格も手伝って、きちんと休む勇気が出なかった。なんだか怠けているようで、罪悪感がつのって。

5月のパリは3週間のショート滞在だったが、その間、5本の取材と1本の校了という毎度のアホみたいな激務をこなして日本へ帰ったとたん、風邪を引いて寝込んだ。ついでに“燃え尽き症候群〜五月病風味”となって、心が完全にストを開始した。最初は、パリでの勢いをそのまま日本に持ち帰って…なんて思っていたのだけど、布団の中で振り返ったここ数年間は、普通の人なら死ぬかもなという激しいものだった。それで、いさぎよくあれこれサボってみることにした。私にしてはかなりの勇気を振り絞って。猫と遊んで昼寝も満喫したし、放置していた部屋の掃除も少し出来た。ずっと会えなかった友達にもたくさん会って、昼間にぶらりと街へ出てみたりもした。仕事以外で楽しんで観れてなかった映画を何本も観た。すごく良かった。こんな普通のことがまるで出来ていなくて、身体にも心にも休みをくれてやらない、私はずいぶんと酷い支配人だったと気がついた。

そうして英気を養っていたら、またいろんなことを建設的に取り組もうと考えられるようになってきたのだけど、サボった分の時間は焦りに姿を変えて7月の到来と共にやってきた。このタイミングで、糸井さんの「ぜんぶは無理だ。」を偶然読めたのは、何か大きなものに「これ、読め。」と差し出されたような気持ちさえする。


今年の下半期は、心に留める。
1. ぜんぶは無理だ。
2. 順番を決める。決めたらその順番で取り組む。
3. 堂々と、自信家のようにふるまい、じぶんで決めた順番にしたがって平然と休むこと。


特に3がぐっとくるねー。これがなかなかできない人は多いと思うから。特にフリーランスと子供を持つおかあさんには、秘薬のような言葉。「ぜんぶは無理だ。」だけど、ひとつひとつなら出来るよね。平然とお休みを取りながら。


『ほぼ日刊イトイ新聞』−今日のダーリン 
http://www.1101.com/home.html










posted by 猫沢エミ at 14:46| パリ ☀| なんてことない日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

『14歳』『ミュージシャンと猫』−佐々木美夏さんのこと



LA VIE AVEC UN CHAT et LA MUSIQUE- Kyoto,Wakayama,Tokyo
2013年7月12 日(金)京都、13日(土)和歌山、14日(東京)
Emi NECOZAWA & Sphinx Trio ライブ&トークイヴェント♡チケット絶賛ご予約中!


14ans.JPG


先日のパリ渡航の前日ぎりぎりにAmazonから届いた本があった。それが、音楽ライター・佐々木美夏さん(以下:みかりん)の最新本『14歳』だった。
 
14歳、と聞いてみなさんは何を思い浮かべるだろう?今、流行の単語“中二病”も14歳。90年代に起きた神戸連続殺人事件の犯人も当時14歳。楳図かずおの集大成ともいえる漫画も『14歳−フォーティーン』だったりと、決して明るいとはいいがたいイメージが列挙し、大人と子供の境目に出現する異次元の年代。その14歳をタイトルに掲げた本の帯に書かれていた文言は、「12人のミュージシャンが初めて語った“あの”1年。〜悩めるすべての子供たち、親たちに捧げるメッセージ。」だった。

パリに到着して、日本人には深さの足りない、しかし長さは過剰なバスタブに浸かりながら、毎晩『14歳』を読んだ。気がつけばお湯が水に変わっていて、へっくしょい!と日本人ならではのくしゃみをしてぶるぶる震えながら、急いでベッドにもぐりこまねばならぬほど、みかりんの『14歳』は面白かったのだ。多分、通しで3回は読んだと思う。旧レーベルの先輩にあたるコレクターズ・古市コータローさんの、知られざる過酷な14歳時代から始まり、坂本美雨さんのN.Y黒春時代。そして同郷福島出身、サンボマスターの山口隆くんの章では、あまりの田舎ゆえ、育たざるを得ない妄想と野心がまざまざと蘇った。ミュージシャンは単体の生き物としても面白いのに、その曖昧模糊な各人の14歳をインタヴューし、本にするとは。さすがみかりん…やるな!と思ったのと同時に、じゃあ、ライターがみかりんじゃなくてもこの本は出来たのか?と言えば、それは根底から違うだろうとすぐに気がついた。
 
こんなことを言ってはなんだが、ミュージシャンはライターを基本、信用していないと思う。少なくともコロムビア時代の私はそうだった。たしかに、個性の強い面倒なキャラクターと真っ向勝負をせねばならぬ音楽ライターは、大変な仕事だと思う。けれど、上がって来る文章のほとんどが「そこまで逃げなくても。」とか「こんなんだったら、実際に話を聞かなくても書けたでしょうに。」というものだったから。(もちろん、メジャーアーティストにはレコード会社や事務所の検閲が入るから、中には苦しい思いをして文を練り上げた方々もいたとは思うけど。)だからこそ、たまに出逢う「こいつは出来る!」と思うライターさんには深いリスペクトを傾けた。ちなみに今までで「こいつは出来る!」と思ったライターさんは、作家になる前夜の嶽本野ばらさん、小田島久恵さん、そして『14歳』のみかりんだ。なんて書いてしまうと「また適当なこと言って。まだエミちゃんにインタヴューしてないでしょうが。」とみかりんに失笑されてしまいそうだが、それにはちゃんとした理由がある。

mu_chat.JPG

 
そもそも、みかりんとの出逢いは、彼女の別著『ミュージシャンと猫2』で原稿を依頼されたことがきっかけだった。そのときも寄稿という形だったから、私は彼女のインタヴューを受けてはいないのだけど、献本された『ミュー猫2』には、猫を通した様々なミュージシャンの生のぬくもりとか手触りが、まるで自分も取材に同行したかのように鮮やかに綴られていた。猫と飼い主、どちらが獣なのかわかったものではないミュージシャンの面々に、ペンひとつで切り込んでゆくみかりんの姿が文章からありありと伝わって来て、「ああ、佐々木美夏というライターは、本気でミュージシャンを愛してくれているのだな。」と思ったのを覚えている。寂しがりやで複雑怪奇なミュージシャンは、いつもライターさんに愛されたがっているのに、ライターさんたちは、なかなか真正面に向き合ってくれないものなのだ。ある意味、毎日が肝試しみたいな職業のプロとして、みかりんの文章には、肝を冷やしてもかまわない覚悟が見てとれるし、そこにすがすがしさと癒しを感じる。たぶん、獣当事者であるミュージシャン以外の人が読んでも、それはちゃんと伝わるに違いない。

 話は『14歳』に戻る。まず、この本を読んで、おそらく皆が最初に思うことは「自分の14歳ってどうだったっけ?」ではないだろうか。私も真っ先に思いを馳せた。忘れていた異次元の年代へタイムスリップし、扉を開けてみれば、そこには今の人生を形作るための材料があらかた揃っていることに驚く。哀しみの越え方も、最初の指針も、なんらかの始まりが14歳であったのだ。そして、今みたいに経験から道具を引っ張り出す術を持っていない14歳の自分が痛ましく、愛おしく感じる。置き去りにしていた出発点を、やはり同じく痛ましかったり、愛おしい各ミュージシャンの14歳に触れることで、初めて葬ってやることができたと、イラつくほど浅いバスタブの中で、私はしみじみ思った。


年上&音楽業界の先輩でもあるみかりんに、なんだかめちゃくちゃ言いたい放題書いてしまってごめん。そして、ミュージシャンを愛してくれてありがとう。3冊の素晴らしい本を世に出してくれてありがとう。

『14歳』エムオン・エンタテインメント刊 ¥1,680

『ミュージシャンと猫』(P-Vine Books)スペースシャワーネットワーク刊 ¥1,680

『ミュージシャンと猫2』(P-Vine Books)スペースシャワーネットワーク刊 ¥1,680


posted by 猫沢エミ at 01:56| パリ ☁| 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

LA VIE AVEC UN CHAT et LA MUSIQUE- Kyoto,Wakayama,Tokyo 〜猫と生きる、そして音楽。-京都・和歌山・東京、トーク&Liveツアー〜


5月13日に発売となった新刊エッセイ『猫と生きる。』(辰巳出版)を記念して、ツアーライブが決定!本のトークショーと、Emi NECOZAWA & Sphinxより今回はW.B岩見グル継吾、K.坂和也&猫沢のTrio編成で、素敵な音楽をお届けします。Sphinx初の京都では、幻のユニット“MASHCAT”の相方Momusがライブにジョイン。優しいカフェの表情に合わせたなつかしのMASHCAT名曲も演奏します。そしてこちらもお初の和歌山。クラブ仕様の会場では、Sphinx本来のジャジーなハイテクニックを。ぜひ、Sphinxサウンド未体験の関西のみなさん、ひとりでも多くの方にお越し頂けたら、こんなに嬉しいことはありません。東京は、“下北沢Home Party”でのジョイン。会場では『猫と生きる。』のサイン会も同時開催予定!ぜひ、猫沢&Sphinxの声を、音を浴びに来てください。お待ちしています♡

Emi photo petit.jpg


●2013年7月12日(金)−京都・SOLE CAFE

open 18:30 start 19:00
ticket:¥3,000(前売)¥3,500(当日)+1drink別
Special Guest- Momus(Solo Liveあり)
出演:Emi NECOZAWA & Sphinx Trio ーK 坂和也,W.B 岩見グル継吾, Per&Vo 猫沢エミ

Momus.jpg


《ticketのご予約》
2013年6月10日(月)20 :00より、SOLE CAFEにて、お電話(075-493-7011)、またはメールフォーム http://solecafe.jp/inquiry/ にてご予約受付中!

SOLE CAFE ソーレカフェ
京都市北区紫野東蓮台野町10-16
Tel:075-493-7011
Access Info:
http://solecafe.jp/shop-info/
Shop Info:
http://solecafe.jp/

●2013年7月13日(土)−和歌山・devicespace HERON

open 19:00 start 20:00
ticket:¥3,000(前売)¥3,500(当日)+1drink別

《ticketのご予約》
2013年6月10日(月)より、チケットぴあ(Pコード:200-041)、
メール heron@view.ocn.ne.jp にてご予約中!

DJ:グルーヴあんちゃん , MASAAKI
出演:Emi NECOZAWA & Sphinx Trio ーK 坂和也,W.B 岩見グル継吾, Per&Vo 猫沢エミ

devicespace HERON-ディヴァイススペース・ヘロン
和歌山市屏風丁13 吉田ビルB1F
Tel:073-427-5550
Access Info:
http://hero-n.jp/about
Shop Info:
http://hero-n.jp/top

●2013年7月14日(日)−東京・mother’s RUIN

“Home Party vol .2”ー下北沢
open 18:00 start 18:30 〜(終電頃まで)
ticket:¥1,000(前売)¥1,500(当日)+1drink別
DJ:Izabel /CHAPPIE /Minami-Senju Gainsbourg /AJR /DAN

出演:Emi NECOZAWA & Sphinx Trio ーK 坂和也,W.B 岩見グル継吾, Per&Vo 猫沢エミ
Talk-show: 猫沢エミ&真舘嘉浩(Wartar’s)−『猫と生きる。』グラフィックデザイナー

《ticketのご予約》
2013年6月10日(月)より、
メール homeparty.vol2@gmail.com にてご予約受付中!

mother’s RUIN-マザーズ・ルイン
東京都世田谷区下北沢2-2-7 NFビルB1
Tel:03-3412-5318
Access Info:
http://www.rock-mother.com/map.html
Shop Info:
http://www.rock-mother.com/info_r.html


posted by 猫沢エミ at 02:04| パリ ☁| ライブ最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする